• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>看護学部>看護学科

看護学科

小児看護学

☆小児看護学とは

 小児看護学の対象は、出生後から(時に胎児期)から思春期にいたる幅広い年齢層のすべての(病気に罹患した子どもだけでなく、さまざまな健康段階にある)子どもたちと、その家族が含まれます。
子どもの最善の利益を守ることを基本理念に、成長発達の理解、疾患や治療などの知識、小児看護技術の方法、子どもと家族に向き合う姿勢などについて学びます。

☆教員(メンバー)
田中美樹(准教授) 吉川未桜(講師) 仲村彩(助手) 吉田麻美(助手)

20160624_01.jpg 20160624_02.jpg 20160624_03.jpg

☆教育 (学部教育)
2年生: 小児看護学概論 小児看護学  子どもの保健Ⅱ(人間社会学部)
3年生: 小児看護学演習Ⅰ 小児看護学演習Ⅱ 小児看護学実習
専門看護学ゼミ
4年生: 統合実習 卒業研究

☆研究
小児看護学領域の研究は下記のことを目指して研究を行っています。
 ✔ 地域で生活する子どもと家族の健康維持やセルフケア促進のための支援
 ✔ 子どもに関わる専門職の方と協働し、子どもと家族の安寧への支援

☆社会貢献
地域で生活する子どもたちが、自分のからだに興味をもち、健康を維持していくため、『子どもの健康見守り隊』として4つのプログラムを実施しています。
 ①健康保育 「じぶんのからだ 大切に!」(対象:保育園・幼稚園児)
 ②「これで安心 パパ,ママは名医だぞ!」(対象: 園児の保護者)
 ③保育看護学習会 「せんせい 大変!!」(対象:保育士・幼稚園教諭)
 ④小児科外来看護師さんの井戸端会議   (対象:小児科外来スタッフ)

20160624_04.jpg

トップ
このページのトップへ