• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>看護学部>看護学科

看護学科

実験看護学

 実験看護学領域では、人間を理解するための科目の講義や実験があります。これらの科目は経験だけに頼らない根拠のある看護=Evidence-based Nursingを推進していくために役立ちます。具体的には、他大学で「基礎医学」と呼ばれている医療に従事する者に必要な基礎的科目で、学問として、解剖学、生理学、生化学、薬理学、微生物学、免疫学、病理学などで構成されており、看護を学ぶ上で大切な内容が盛り込まれています。特に、患者さんを理解するための基本となる解剖生理学(本学の科目として生態機能看護学)に関しては、看護師の免許を持つ教員が教えています。このため、看護の経験をもとに、臨床で患者さんを捉えるのに必要な視点からの講義と実験などが組み込まれており、充実した内容となっています。患者さんを受け持つ病院実習では、患者さんの状態を把握していく際に、この実験看護学領域で学んだ知識を駆使していくことになり、とても大切な領域です。

 また、実験看護学領域では、高度な実験を実施できる教員や実験の機材が備わっています。各教員の専門性により、研究テーマは多岐にわたり、主なものでは、「看護系教育機関における効率的な細菌学演習を支援するデータベースの構築と運用」、「トリプルP介入によって発達障害児をもつ母親の子育てレジリエンスは向上するか」、「睡眠中の自律神経反応-加齢による変化-」、「再生過程における分子メカニズムの解析」などの研究が行われています。それぞれの専門性を活かして看護教育や看護ケアに役立つ研究の指導を行っています。

20160614_01.jpg 20160614_02.jpg

 

  

 

 

 

 

生態病態看護学実験の様子

  

学生が机上の学習だけでなく、実験を通して、人体の構造や働きを主体的に学ぶ機会となっています。

トップ
このページのトップへ