• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>看護学部>看護学科

看護学科

成人看護学

成人看護学について

成人看護学では、健康障害や機能障害を持ちながら生活している成人を全人的に理解し、対象者およびその家族が直面している健康問題とその援助方法を具体的に学び、看護を実践するための基礎的な能力を身につける学習を急性期と慢性期の視点で行います。

成人看護学(急性期)
社会の中心となる成人期の特徴を考えながら、手術を必要とする状況やそのほかの様々な身体の急激な変化を体験する時期の対象者の看護について、病院内で最も医療を必要とする人々の身体的・心理的ケアを中心に学びます。ゼミでは病院などの施設内の活動にとどまらず災害時や救急時の看護について学んだり、がん看護など幅広い内容を学べます。
教員:中井裕子、政時和美、松井聡子
研究内容:成人看護一般、がん看護、救命救急看護、災害看護、看護診断、国際看護、
ゼミの活動:救急車同乗研修、学会発表、総合災害訓練、技術練習(注射)など
ゼミ生の研究:トリアージの現状と課題、被災地域の支援活動、子宮頚がん検診の受診行動、など

20160609_03.jpg 20160609_04 (1).jpg

 

 

 

 

 

  【救急車同乗研修】        【恒例のゼミごはん】

成人看護学(慢性期)
成人期において慢性の健康障害や機能障害を有する対象・家族に対する看護について、例えば対象者が療養生活において自己管理ができるような援助について学習します。また終末期にある患者・家族に対する看護については、症状の緩和を図り苦痛の緩和を優先するといった援助について学習します。

○授業科目紹介
 成人看護学概論、成人慢性看護学、成人看護学演習Ⅰ・Ⅱ、成人慢性看護学実習、
 統合実習、専門看護学ゼミ、卒業研究
○教員紹介 
 教授 : 赤司千波
 准教授: 古庄夏香
 講師 : 大島操 
 助手 : 柴北早苗
○研究
 ・教員:終末期ケア、がん看護、在宅終末期看護等に関する研究等
 ・ゼミ生:終末期ケア、緩和ケア、概念分析、がん看護、音楽療法に関する研究等

20160609_05.jpg

【フードモデルを用いた患者教育の演習風景】

トップ
このページのトップへ