• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>人間社会学部>公共社会学科

公共社会学科

資格・免許/支援プログラム

取得できる資格・免許

  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 高等学校教諭一種免許(公民)
  • 社会調査士
  • 上級情報処理士
  • 社会福祉主事任用資格

5つのキャリア支援プログラム

IMG_0.JPG

 公共社会学科地域社会コースでは、専門教育と連動した5つのキャリア支援プログラムを設けています。本学科で学んだ公共性や地域社会・国際共生に関する専門的な知識、リサーチや分析能力を、各自のキャリア形成を展望しながら応用し、活用するためのプログラムです。学生はそれぞれの進路希望に応じて自由にプログラムを選択できます。

 なお、大学内キャリアサポートセンターと連携し、組織的に就職情報の収集を行い、企業インターンシップの促進など学生のキャリア支援を強化します。



(1)社会調査士資格取得支援プログラム

 本学の所定の単位を取得すれば、社会調査士の資格を取得することができます。
 たとえば、よりよい生活を実現するため、市町村などが何かの計画を立てようとするとき、どのようなニーズがあって、どのようなやり方をすればそれが実現するのか、まず、その地域の人々について知らなければよい方法は得られません。高齢者にやさしいまちづくりをするには、その町の高齢者の家族や友人とのつきあいの状況などを調べておいたほうが、ずっと有効な手を打てます。

 社会調査は生活の実態や社会的課題を明らかにする技術です。そして、この社会調査の技術の基礎をマスターしている人に与えられるのが「社会調査士」資格です。この資格は、社会調査協会という一般社団法人が認定する資格であり、医師資格のように特定の職業に直接結びつくものではありませんが、データ収集・分析とそれに基づく企画能力が身に付くのでいろいろな職業分野で活用できます。

 資格取得に必要な科目は公共社会学科地域社会コースのカリキュラムに全て含まれています。キャリア支援プログラムでは、社会調査の応用―授業や実習で習得した知識やスキルが実際に企業や行政などでどのように利用されているかなど―について認識を深めるとともに、社会調査協会や日本社会学会の最新の動向を情報提供し、資格申請手続きを円滑に行えるよう指導します。 



(2)教職免許取得支援プログラム

 教職課程を選択すると高等学校教諭一種免許状「公民」と中学校教諭一種免許状「社会」が取得できます。
 現代社会の諸問題の分析と高度福祉社会構築への実践的提案力を活かして子どもの教育に独自の貢献をすることが可能です。

 カリキュラムとは別に、職業としての教職という側面から様々な情報を提供し、互いに意欲を高めあって進路選択に活かせるよう支援します。次の2項目を目標にします。

   ① 教職の現状(学校現場、教職の展望等)について認識を深める。
   ② 教員採用試験の受験準備をする。



(3)情報処理関係資格取得支援プログラム
【上級情報処理士】

本学の所定の単位を修得すれば、上級情報処理士の資格を取得することができます。
上級情報処理士は、全国大学実務教育協会が認定する資格です。

次の4点が教育目標となります。

  • 高度な情報処理技術の応用を身につける。
  • ビジネスで活用されるソフトウェア技能の応用を身につける。
  • プレゼンテーション能力の応用を身につける。
  • オフィスの組織や情報の流れを活用する技能を身につける。


したがって、上級情報処理士の資格を取得することは、コンピュータを使いこなせる技術が身についたことの証になり、企業にとって、学生の情報処理能力を客観的に評価できる一つの材料となります。

【マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)】

本学は、隣接するたがわ情報センターと連携し、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)資格取得講座を開講しています。

Microsoft Officeは、現在、多くの職場で活用されている代表的なアプリケーションソフトです。
2007 Microsoft Office systemやWindows Vistaのオペレーティングシステム(OS)についての操作スキルの認定資格が、「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」です。この認定資格は、企業での認知度が高いため、就職活動前に取得しておきたい資格です。



(4)公務員受験支援プログラム
img02.jpg

 地域社会コースでは、都市社会学や地域社会学、コミュニティ論、地域社会分析法A・B・C、地方自治論など、地域社会・地方自治の理論と現状を学ぶ専門科目を数多く開設しています。学科の目標や学習内容から、公務員はキャリア形成を考える際の選択肢のひとつだと言えます。公務員といってもさまざまな職種がありますが、本学科では地方公務員行政職や警察官の希望が多い傾向があります。
 全学的な公務員受験対策としては、学生支援班主催で教養試験対策講座が開設されています。本コースの公務員希望者にも、教養試験対策については学生支援班主催の講座を受講するよう勧めています。

 本コースの公務員受験支援プログラムとしては、本学生の進路選択傾向を考慮し、自治体研究を中心に置いています。自治体計画を読み進めながら自治体の課題を整理し、参加者相互の討論で議論を深める自治体研究の機会を設けています。地方公務員(行政職)の2次試験対策の素材として、また、その他の職種を目指す場合にも基本資料として活用することを目的としています。なお、学科学生研究室には公務員試験の参考書等を配置しています。



(5)ビジネス・スキル修得支援プログラム

 4年生での就職活動に備え、学生支援班、キャリアサポートセンター、外部機関などと連携して、就職活動の準備を促すプログラムのほか、就職活動時の支援も行っています。下記はその一例です。  

①自己分析入門講座

 就職活動は「自分がどういう性格の人間なのか」、客観的に把握することが求められます。採用側の企業はあなたの長所をどうやって活かすことができるか、面接で目を光らせてみています。本講座では、キャリアサポートセンターと協力し、自分の長所・短所を知るためのグループワークを行います。講座を通じて「知らなかった自分」を発見する機会となることでしょう。

②履歴書の書き方講座

 履歴書用紙を手に取ると生年月日・学歴に加え、「得意な分野」、「在学時に力を入れてきたこと」等の欄があることに気づきます。履歴書を書くためには、学生時代の学びの姿勢とその内容を、他者に分かりやすい言葉で説明することが必要です。本講座では、あなたが書いた履歴書を実際に添削することで、「読み手に伝わる履歴書」に向けたブラッシュアップを行います。

③個別相談・面接研修

 具体的な就職活動を行っている学生に対するキャリアカウンセリングを、福岡県若者しごとサポートセンターの大学生等就職支援事業を活用して実施しています。学生ひとりひとりの状況やニーズに合わせて個別相談(求人情報の提供を含む)と面接研修を行い、各自の特性や今後の展望に応じた企業選択ができるよう支援します。


トップ
このページのトップへ