• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>人間社会学部>公共社会学科

公共社会学科

カリキュラム

カリキュラム構成

 
 公共社会学科地域社会コースの専門教育科目は「公共社会学基礎論」、「社会調査・情報処理」、「地域社会ネットワーク」、「アジア国際共生」の領域で構成されています。
 「公共社会学基礎論」領域は、社会学の基礎的・専門的な知識、地方行政や社会保障、ひとの労働・生活に関する科目等で構成されています。
 「社会調査・情報処理」領域には、社会調査の実施に必要な知識を身につける科目と実習科目、情報処理能力の基礎知識を身につける科目を設置しています。社会調査協会の認定科目を履修することで、卒業時に社会調査士の資格を取得することができます。
 「地域社会ネットワーク」領域には、さまざまな地域社会が動いている現場に学び、多様なメンバーと地域社会との関わりを観察し、課題解決の方法を考えるための科目が設置されています。
 「アジア国際共生」領域には、アジア・世界の社会や文化、国際協力や多文化共生の課題等を考えるための科目が設置されています。

    【→地域社会ネットワーク領域について】   【→アジア国際共生領域について】

専門カリキュラム

 専門教育科目のほかに、全学共通科目(教養科目・基礎科目)を取る必要があります。

 専門教育科目
年次 1年次 2年次 3年次 4年次
公共社会学
基礎論
  • 社会学概論
  • 公共性の社会学
  • 社会政策論
  • 社会心理学
  • 人格心理学
  • 社会学史Ⅰ
  • 社会学史Ⅱ
    社会学の分析法A
  • 現代社会論A
    (ジェンダー、世代)
  • 現代社会論B
    (情報社会論)
  • 現代社会論C
    (情報社会と法)
  • 家族社会学A
  • 家族社会学B
  • 社会病理学
  • 仕事の経済学
    暮らしの経済学
  • 公共経済学
  • 社会学の分析法B
  • 福祉社会学
  • 社会変動と社会問題
  • 集合行動論
  • CSR論(企業の社会的責任論)
社会調査・
情報処理

社会調査法
データ分析の基礎

  • 社会調査の設計
  • 社会統計学Ⅰ
    社会統計学Ⅱ
  • 質的調査法
  • 社会調査実習Ⅰ
  • 社会調査実習Ⅱ
  • 情報数学
  • プログラミング概論
  • データ処理とデータ解析Ⅰ
  • データ処理とデータ解析Ⅱ
地域社会
ネットワーク
  • 地域社会学A
  • 地理学
  • コミュニティ論
  • 都市社会学
  • 地理学概論
  • 地方自治論
  • 地域社会学B
  • 地域社会分析法A
  • 地域社会分析法B
  • 地域社会分析法C
  • 公共社会学特講A
  • 公共社会学特講B
  • 地域計画論
アジア
国際共生
  • 国際政治学
  • 世界地理
  • 韓国の社会と文化
    中国の社会と文化
  • 国際協力論
  • 国際社会学A
  • 国際社会学B
  • 多文化社会論
  • 東アジア関係史
  • イスラム社会論
  • 文化人類学A
  • 文化人類学B
  • 国際教育文化交流論
  • NPO論
  • アジア経済論
関連科目 社会福祉学概論Ⅰ
教育学概論B
対人心理学
  • 日本史概論
  • 西洋史概論
  • 生涯教育論
  • 社会教育論
  • WEBデザイン演習
  • 情報ネットワーク論
  • データベース論
  • 問題解決演習
  • 人的資源管理論
  • 哲学要論
  • 倫理学
  • 法律学概論Ⅰ
  • 法律学概論Ⅱ
  • 教育社会学
  • 地域福祉論Ⅰ
  • 地域福祉論Ⅱ
  • プログラミング概論
  • 情報検索システム論
  • キャリア論
  • 組織マネジメント
  • ビジネス倫理
  • 個人情報法制
演習
  • 公共社会学研究Ⅰ
  • 公共社会学研究Ⅱ
卒業論文

卒業論文

緑字は必修科目

Examples of classes例えば、こんな授業があります。

国際政治学

 今の世界に生きる私たちは、どんな国のどんな地域に住んでいよう と、国際社会とつながっています。でも、自覚しにくいその構造を日常生活のグローバル化や構造的暴力といった観点から、見えるよう にしていきます。できるだけ毎回、日本のメディアとは違うWorld News(BBC)を見ながら、進行中の国際問題に関心を持ち、多角的な視野を培えるようにします。

公共社会学研究Ⅰ・Ⅱ

 本演習の目的は、研究テーマの設定からテーマに関する文献やデータ収集、報告書の作成までの方法を身につけることです。また、ゼミの中での質疑応答を重ねる中で、自分の考えていることを論理的に相手に伝える能力と相手の考えを聞く能力を養います。本演習で調べた結果を、4年次での卒業論文の作成へとつなげます。

社会調査実習

 「格段に豊かになったと思われる世界でどうして大規模な飢餓が発生するのだろうか。」「流行はなぜ発生するのか。」考えてみるといろいろな"不思議"がありますね。社会調査は社会現象分析の重要な手法です。毎年度フィールドを変えてテーマを設定し、現代社会の現状分析に取り組んでいます。報告書の作成まで、調査の全過程を経験的に学びます。

実習・演習
 公共社会学科地域社会コースでは、時代が要請する課題解決に対応できる人材を養成するために、社会調査実習、演習に力を入れています。社会調査実習は2年次よりはじまります。学生は、いずれかの社会調査ゼミを選択し、調査の企画から報告書の作成までの社会調査の全過程を実践します。

pdf.gif【→社会調査実習報告書タイトルを閲覧】(121.2 KB)

 演習は、3年次前期よりはじまります。学生は、いずれかのゼミを選択し、専門性を深めます。4年次には、その成果を卒業論文にまとめます。卒業論文では自ら問いをたて、その研究テーマに沿って適切な文献やデータを収集・分析し、各自の分析能力と記述力を高めること、さらに発表と討論を通してプレゼンテーション能力を高めます。
 
pdf.gif【→公共社会学科 卒業論文タイトルを閲覧】(143.1 KB)

履修方法


 カリキュラムに掲載されている科目はそれぞれ標準履修年次が決められています。
 1年次では全学共通科目の履修に加えて、専門教育科目としては社会学の基本的な考え方、社会調査の基礎的な知識、公共性に関する基礎論を学びます。
 2年次では、「都市」「コミュニティ」「家族」「社会病理」「国際」「環境」「情報」など社会学の専門科目および公共性と関わりが深い政治学・経済学・地理学等の専門科目を学びます。さらに、社会調査・情報処理の学習と併行して、教員と学生がチームを編成し社会調査を行います(社会調査実習)。
 3年次では卒業論文に連なる「演習」が始まるとともに、研究の方法論と現状に関する理論的な整理を内容とする科目を中心としています。
 以下に示す「履修モデル」は、公共社会学科地域社会コースの特徴である、「地域社会」「国際共生」という大きなテーマに基づき専門性を深めるためにどのような科目を履修すればよいのか、そのお勧め例を示しています。これを参考に、さらに各自の興味を加味して、履修計画を立ててください。

履修モデル

地域社会ネットワーク領域 履修モデル①

 pdf.gif【→地域問題と地域課題を研究する】 (89KB)

地域社会ネットワーク領域 履修モデル②

 pdf.gif【→地域社会の活性化、まちづくりについて研究する】 (90KB)

アジア国際共生領域 履修モデル①

 pdf.gif【→アジアと日本の地域社会のつながりについて研究する】 (93KB)

アジア国際共生領域 履修モデル②

 pdf.gif【→アジアを初めとする国際社会との協力について研究する】 (93KB)

トップ
このページのトップへ