• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>人間社会学部>公共社会学科

公共社会学科

コース紹介

地域社会コースの特徴

 公共社会学科地域社会コースの特徴は、「公共性」をベースとして「地域社会」「国際共生」をキーワードに編成されたカリキュラムにあります。

地域社会ネットワーク領域

2016-0115-1527.jpg

 地域社会は、その範囲も性格もさまざまです。時代が大きく転換するなかで、地域社会の構成も変わり、その運営のしかた、公共サービスのありかた、まちづくりの考え方も変化しつつあります。個々人がともに生活し、将来をゆだねるに足る地域は、どのような地域社会であるべきか、改めて問われています。地域社会は多様なメンバーで構成されていますが、すべてのメンバーが地域の今後を左右するのです。地球規模の視点が重要になると同時に、ローカルな世界の重要性が増し、その個性や面白さが注目されています。個性的な地域社会が存在しなければ、グローバルな世界に豊かな個性はありえません。
 「地域社会ネットワーク」領域では、さまざまな地域社会が動いている現場に学び、多様なメンバーと地域社会との関わりを観察し、課題解決の方法を考えるための科目が設置されています。

  • Ⓠ.地域社会ネットワーク領域が目指す教育とは?
    Ⓐ.持続可能な地域社会の担い手の育成を目指します
     地域社会ネットワーク領域を選んだあなたは地域社会の今やこれからに関心をもっており、卒業後は地域の産業・福祉・文化等を支える団体・企業や自治体で働きたいと考えていることでしょう。少子高齢社会が到来し地域格差の拡大が懸念されていますが、将来にわたって住みよい地域づくりを進めるためには、人の生活に向き合いさまざまな人とつながりながら協働のシステム----公共を構想し築くことが大切です。地域社会ネットワーク領域では、フィールドに出て軽やかなフットワークで地域を駆け回り、さまざまな人と楽しんだり悩んだり笑ったりしながら、持続可能な地域づくりを意欲的に推進していける人の育成を目指しています。

    Ⓠ.地域社会を視点に何を学べるの?
    Ⓐ.地域社会の仕組みや地域課題、課題解決過程を、社会学・政治学・地理学の方法を用いて学びます
     地域社会と住民生活の構造や機能、現代日本の地方自治のしくみと動向、住民参加の地域づくりの現状と課題などを考える、充実したカリキュラムを設けています。それぞれの地域社会の中で人々はどのような関係をつないでいるのでしょうか、毎日の生活の中でどのような楽しみや悩みがあるのでしょうか、日常生活や地域社会の課題解決にむけてどのような人々がどのような活動をしているのでしょうか、地域社会の運営と今後の構想に行政はどのような役割を果たしているのでしょうか、このような疑問を解き明かすための理論と分析方法を学びます。社会学・政治学・地理学などに根ざした各科目で学んだ知識と経験は、あなたが実際にフィールドに出て地域課題を調査するための強力な道具です。

    Ⓠ.「フィールドに出る」って何のこと?
    Ⓐ.地域課題について現場で調査しながら考えます
     地域社会の現状についてデータや文献で研究することはもちろん必要です。しかしそれだけでは、実態がわかったとは言えません。現地(フィールド)に出かけてその雰囲気を感じ、そこに住む人々と話し、地域社会の自慢や悩みに耳を傾けてみましょう。さらに進んで、社会調査や情報スキル等の専門ツールをもって地域課題を分析しましょう。地域社会ネットワーク領域では福岡県内の地域を主なフィールドとしています。福岡県は旧産炭地の歴史からの転換を図る筑豊地域、福岡市と北九州市という異なる特性をもつ大都市、豊かな自然と農林水産業が盛んな筑後地域という、多様なロケーションに恵まれています。アジアとの関係が深い県でもあります。あなたは「鳥の目」と「虫の目」を通して、地域のさまざまな景観やくらしに出会い、心を揺さぶられ魅了されることでしょう。

アジア国際共生領域

 世界では、国境を越えた人の移動や交流が、かつてない規模で進む一方で、市場経済のグローバル化に伴う格差の拡大が、新たな不公平感や憎悪を生み出しています。先進国では大量の食料が捨てられる一方で、途上国では多くの人々が餓死する―そうした構造的暴力(structural violence)による絶望と怒りが、紛争やテロを引き起こす要因ともなっているのです。民族、文化、宗教、言語の異なる人々が共に生きる社会を実現するためには、意見の違いや利害対立を嫌悪や(武)力に向かわず、平和的に調整・解決する知恵と手法を培うことが大切です。各々の文化的多様性を尊重し、従来の国家安全保障(national security)に代わる1人1人の「人間の安全保障(human security)」を確保し、他者の犠牲の上に成り立つのではない、持続可能な社会発展を実現する必要があるのです。「アジア国際共生」領域では、将来、国際共生の理念をもって、グローバルな社会で活躍できる公務員やNGO/NPO(福祉団体を含む)職員、企業人(日系企業の国外支社や外国の企業など)などの育成を目指し、アジア・世界の社会や文化、国際協力や多文化共生の課題等を学びます。

Ⓠ.アジア国際領域が目指す教育とは?
Ⓐ.真の国際人の育成を目指します
 異なる民族、文化、宗教、言語を持つ人々との違いを理解し、認め合い、共存していける真の国際人の育成を目指します。日本では外国にルーツをもつ人々が増え、国際結婚比率も高まっています。国境を跨いで活躍する人材だけではなく、日本の国内、地域、自治体レベルでも、異なる人々が共に生きる社会、多様性が共存する社会を実現できる人材の育成が、ますます求められるようになっています。

Ⓠ.国際共生を視点に何が学べるの?
Ⓐ.グローバル社会の理解
 政治、経済、文化、歴史など社会科学の諸分野を横断して国際的な視点から学び、共に生きる世界を築くためになにが必要かを考えます。国際政治分野では、国家の代表のみが行う伝統的外交から、より多くの市民が意思形成に関わるグローバル・ガバナンスへの変容が進む世界の流れを学びます。国際経済分野では、国家間の経済活動にかんする理論・歴史・政策を学び、国際的な視野から物事を捉える視点を育み、アジア地域を中心とする国際経済学のビックイシューについて考えます。国際社会分野では、豊かな国が富む一方で貧しい国はますます貧しくなるのはなぜなのか、異なる文化に対する寛容性が高い国・地域とそうではない国・地域には、どのような制度的、文化的背景があるのかを学んでいきます。

Ⓠ.福岡と世界との関係は?
Ⓐ.アジアに近い主要都市・福岡
 福岡は、中国最大の商業都市・上海まで飛行機で約1時間半(545マイル)、東アジアのハブ空港インチョン空港(ソウル)まで数十分(337マイル)の位置にあります。東京(566マイル)や大阪(289マイル)とおなじ距離にアジアの主要都市がある福岡には、東京や大阪につぎ多くの領事館がおかれ、国連ハビタット、ジェトロ福岡、ジェトロ北九州、JICA九州など国際的な諸機関もあります。福岡を視点の中心におくと、東アジアの中で共存関係を高めていく21世紀の日本社会の姿が展望できます。

トップ
このページのトップへ