学生生活

HOME > 学生生活 > 授業料の減免・分割納付

授業料の減免・分割納付

1.学業優秀でかつ下記に該当する人の授業料を免除します。

但し、新入生の前期分授業料については免除の対象外とします。

  1. 災害による被災(6ヶ月以内)・・・生計同一者の死亡等、家屋の半壊以上
  2. 学費負担者の死亡・傷病・失業等(6ヶ月以内)
  3. 生計同一者が生活保護受給
  4. 前各号に掲げる者のほか、理事長が特に必要と認める場合
  • ※申請は前期、後期ごとで、全額免除と半額免除のいずれかを選択できます。
  • ※減免可能額は、原則として標準修業年限×授業料×1/2以内です。
  • ※申込者多数で募集人員を超える場合は減免にならないこともあります。
  • ※減免の申込書は学生支援班で配布します。

2.授業料の分割納付を希望する人で、下記の資格に該当する場合は、授業料を半期4回に分けて納付することができます。

  1. 天災その他不慮の災害により、学費の一括納付が困難な者
  2. 生活保護法による保護を受けている者と同一戸籍内にある者
  3. 真に経済的に困窮しており、以下の(イ)から(ハ)のいずれかに該当する者
    (イ)学生及び学生を扶養する者が地方税法の規定により市町村民税を納付 していない者又は市町村民税の均等割のみを納付している者
    (ロ)市町村の所得証明に反映されない期間に、学生又は学生を扶養する者の死亡・ 障害・傷病、生業不振・失業等のため、生計が著しく悪化し(イ)と同程度に困窮している者
    (ハ)その他真にやむを得ない事情により生計が著しく悪化し(イ)と同程度に困窮している者
PAGETOP