• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>大学院>看護学研究科

看護学研究科

研究コース:臨床看護学領域

臨床看護学領域研究コースの紹介

教授 福田 和美(成人看護学)
 
小児看護学、成人看護学、老年看護学、精神看護学の4専門の科目群から構成されています。様々な健康課題を持つ個人や家族がより健康的で高いQOL(Quality of life) を実現することにつながる実践研究・教育を行いうる人材の育成を目指しています。

 

(1)小児看護学分野

子どもの最善の利益を守ることを基本理念に、出生後(時に胎児期)から思春期にいたる年齢層の子どもが、健康時、急性・慢性・ターミナル期、障がい、在宅など、あらゆる健康段階や状況における成長発達や生活環境を理解し、その子らしく家族とともに生活できるよう、生活の質向上や健康増進のための実践と研究方法を探求します。諸問題の背景を広い視野から理解するために意見交換をしながらその課題を探求していきます。

連絡先
准教授 田中 美樹 mtanaka@fukuoka-pu.ac.jp

 

(2)成人看護学分野


成人期にある患者(家族)を生活者の視点、ライフサイクルの視点、健康レベルの視点でとらえ、患者の生命及び患者(家族)のQOLの向上に寄与する実践、研究を追求します。地域包括ケアに対応できる看護職者が求められている現在、臨床での看護を基礎とし、成人期にある患者(家族)の身体・心理・社会的側面に関わる諸課題を探究する能力、理論・看護の概念モデルを用いた看護を実践する能力を備えた人材の育成を目指します。

連絡先
教授 福田 和美 fukuda-k@fukuoka-pu.ac.jp
准教授 古庄 夏香 furusho@fukuoka-pu.ac.jp
 

(3)老年看護学分野

在宅・施設および医療機関というあらゆる場における様々な健康課題を持つ高齢者とその家族に対する教育や援助のためのアセスメントツール、倫理的課題解決の方法、対象者をとりまくケアシステム構築のプロセスやチームアプローチの方法、専門的看護の方法を経験や事例をもとに検討できる能力を修得します。

連絡先
准教授 檪 直美 ichiki@fukuoka-pu.ac.jp
 

(4)精神看護学分野(精神看護学分野紹介の電子ブックへ)

精神看護学では、精神看護専門コースや他の専門性をもつ研究コース・専門看護師コースの修了生と協働し、臨床看護や看護学の発展に寄与し得る人材を育成します。統計学やグラウンデッド・セオリー・アプローチ等の世界に通用性の高い研究方法を学修します。
研究計画発表会予行演習、修士論文発表会予行演習、学会発表予行演習、精神看護セミナー等多様な学修機会を提供し、研究コースの先輩や、専門看護師コースの在学生や修了生との知的・実践的な交流を促しています。精神看護や精神看護学の教育が好きで、様々な看護現象について研究を通して明らかにしたいという意欲と探究心のある方の御入学を歓迎します。

連絡先
准教授 松枝 美智子 matsueda@fukuoka-pu.ac.jp

 

 大学院のページへ戻る

トップ
このページのトップへ