• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>大学院>看護学研究科

看護学研究科

研究コース:ヘルスプロモーション看護学領域

ヘルスプロモーション看護学領域研究コースの紹介

教授 尾形 由起子(地域看護学)
教授 松浦 賢長(思春期ヘルスプロモーション)

地域看護学、思春期ヘルスプロモーション、在宅看護学の3専門の科目群で構成されています。ヘルスプロモーション看護学領域では、わが国従来の健康課題のみならず、進行する少子高齢社会で新たに顕在化している健康課題への専門的介入を、ルスプロモーションの理念を基に学術的に探究し、看護実践活動に応用する基盤力を育成します。研究の展開に際しては、本学附属研究所ヘルスプロモーション実践研究センターと連携し、地域における実践の場で、諸課題について議論しています。

 

(1)地域看護学分野

わが国の喫緊の課題である在宅医療や在宅療養の支援と支援システムを研究課題とする研究を進めています。これまで、子育ての社会化(ソーシャル・キャピタルの視点)、地域に住む中年期男性統合失調症患者と老親の支援、在宅で療養する神経難病患者の支援ネットワーク形成に係る保健師の調整技術、末期がん患者の在宅ケアシステム構築に係る連携、2型糖尿病患者の看護等について保健師の視点で研究を行っています。


連絡先
教授 尾形 由起子 ogata@fukuoka-pu.ac.jp
准教授 山下 清香 yamashita@fukuoka-pu.ac.jp

 

(2)思春期ヘルスプロモーション分野

思春期の母子保健、学校保健、思春期保健を対象とする中、特に性の問題や精神疾患・発達障害等の研究に力を入れています。課題背景となる家族問題や虐待、不登校・ひきこもりについては実践に即した社会的な支援の仕組みのあり方を探求します。妊娠期から乳幼児期・児童期・思春期に至る過程の課題、すなわち母子保健と学校保健については政策・施策を踏まえた研究課題を設定していきます。

連絡先
教授 松浦 賢長 matsuura@fukuoka-pu.ac.jp
准教授 原田 直樹 n.harada@fukuoka-pu.ac.jp

(3)在宅看護学分野

高齢者や障がい児・者が在宅での生活と療養を継続できるヘルスプロモーションと人生の場の在り方を対象者とともに構築する姿勢や医療と看護と介護を包括する視点を学びます。

連絡先
准教授 吉田 恭子 k-yoshida@fukuoka-pu.ac.jp

 

トップ
このページのトップへ