• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>学部・大学院

学部・大学院

全学横断型教育プログラム

 本学は学生の教育を第一におき、21世紀の未来社会に活躍するリーダーとなる人材の育成を目指して、平成27年度の新入生から、教育の中核となる国家資格の取得を目指す、「コース」履修を縦糸に、卒業後には、将来のいかなる社会の変動に対しても適切に対応できる、潜在的能力、いわゆる社会人基礎力を身につけるための「プログラム」教育を横串に通して、4年間で縦糸と横糸で織り成した、「コース・プログラム」システムによる重層的教育体制を構築する教育改革を進めております。
 現在、「全学横断型教育プログラム」として、21世紀の諸課題である、
「少子高齢化社会」における対人支援を地道に修練する①援助力養成プログラム(→詳細ページ)
「グローバル化」に対して、海外留学を含め4年間で卒業できる②国際交流プログラム(→詳細ページ)
「地域創生社会」参画を目指す③キャリア形成支援プログラム(→詳細ページ)
更に情報化社会に対応する④保健福祉情報教育プログラム(→詳細ページ)
の4つのプログラムを各学習段階に応じて選択履修できます。

 

2015-1222-1200_1.JPG

20140909_02_200.jpg君の笑顔が子供たちの未来を変える(→詳細ページ)

援助力養成プログラムは、県大の誇るわが国唯一の教育プログラムです。1年前期の授業(不登校・ひきこもり援助論)で子どもへの関わり方の基礎を学び、 その後不登校・ひきこもりサポートセンター(全国唯一の大学内常設フリースクールがあります!)を中心としたボランティア活動(下記)で、 子供=未来を支える確かな力を育みます。県大子どもサポーターの子供援助職就職率は抜群に高く、養護教諭(現役合格率88%!)や スクールソーシャルワーカーのコースをはじめ、どの学科の学生にもそれはあてはまります。 新たに、子供の命を救うための一次救命処置を新しく開講する「子供学習支援論(1年後期)」の中で身につけることができます。

①イベント型活動(不登校支援、特別支援学校支援)
②個別・小集団支援活動(大学内フリースクール、マンツーマン心理支援)
③小中学校継続支援活動(スクールインターンシップ、発達障害傾向児童対応)
④地域子供学習支援活動(土曜日中心の学習支援、社会教育活動支援)

20140909_03_200.jpgThink Globally, Act Locally  留学すれば世界が"全く"変わる  4年次卒業可能!(→詳細ページ)

福岡県立大学は中国・韓国に焦点化した横断型カリキュラムを提供します。これからの時代、あらゆる 産業において求められるのが中国や韓国の人々とやりとりする能力です。おためし留学から長期留学の 流れの中で、下記の力を身につけ、これからの社会で大いに活躍できる存在となることを目指します。 ①他文化を尊重する力、②多様な価値を認める力、③郷土を知り、愛する力、④臨機応変に対応する力、 ⑤中国語・韓国語で表現する力

※本プログラムは福岡県ふくおか未来人財育成ビジョンと連動したプログラムです。

20140909_04_200.jpg1年次から4年次まで系統的キャリア形成支援を行い、「就業力」を養成します(→詳細ページ)

「★プレ・インターンシップ」(1・2年次、2単位)「☆インターンシップ」
☆キャリア形成支援講座Ⅰ・Ⅱ(1年次)及びⅢ(2年次)
☆就職ガイダンス、☆公務員講座、☆各種キャリアサポート講座(自己分析、業界研究、SPI対策、履歴書の書き方、グループディスカッション、個人面接・集団面接等)

pg.jpg保健福祉分野での課題解決に、統計学、情報学の知識やスキルを応用できる力を養成します(→詳細ページ)

★ 情報処理演習(1年次)
★ 情報科学 (1年次/2単位)
★ 統計学 (1年次/2単位)
★ データベース論(2年次/2単位)
★ 情報ネットワーク論(2年次/2単位)
★ プログラミング概論 (2年次/2単位)
★ データ処理とデータ解析Ⅰ・Ⅱ( 3年次/各1単位)等

★マークは単位化された正課教育科目
☆マークは単位化されていないプログラム
◎マークはボランティア活動

トップ
このページのトップへ