• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>学部・大学院

学部・大学院

基盤教育センター

20160602_03.jpg

20160602_04.jpg 20160602_05.jpg

専門的職業人に必要な社会人基礎力を育てます。

 専門分野の知識やスキルだけでは本学の目指す専門的職業人として活躍することはできません。これからの「職業人」にとり、語学力、情報リテラシー能力、健康管理能力は最低限必要な「基礎能力」です。

 私たちがみなさんに期待しているのは「単なる」職業人になることではありません。私たちが期待しているのは、他人から指示されて働くだけではなく、職場や地域において自ら課題や問題を発見・探求・解決することのできる能力をそなえた「専門的職業人」なのです。

 そのためには自分の専門分野の知識や能力だけではなく、社会や人間についての広い知識と深い理解、つまり「教養」が必要となります。私たちはこうした基礎能力や教養を「社会人基礎力」と名づけ、専門的職業人に不可欠なものとして重視しています。そのために、社会人基礎力育成のための多様な全学共通科目を提供するとともに、それらをより充実させるために努力しています。

 全学共通科目は、専門的教育の基礎を作るとともに、社会人・職業人として身につけるべき教養を学ぶための科目です。このような科目の目的を達成するため、本学では、全学共通科目を主に担当する両学部の教員を中心に「基盤教育センター」を構成し、全学共通教育の推進を行っています。

教育課程の特徴

 全学共通科目は、教養科目と基礎科目とに分かれています。
 (1) 教養科目は、人文科学、社会科学、自然科学、総合科目に分かれています。最後の総合科目とは、人文科学、社会科学、自然科学のどれか一つの分類に入れることのできない、総合的な分野として位置づけられています。
 教養科目には、様々な科目が含まれています。専門教育科目(看護学部では専門基礎科目及び専門科目)を学習する上で基本となる科目や、専門を超えた広い視野を養うための科目などがあります。

 (2) 基礎科目には、外国語、情報処理、健康科学、基礎ゼミ、発展ゼミが含まれています。これらは、全学共通科目の中で特に重要な基礎的な科目として位置づけられています。
外国語としては、英語、コリア語、中国語、仏語、独語が開講されています。このうち英語を必須外国語として開講しています。また、選択外国語として、コリア語、中国語、仏語、独語を、選択外国語としての英語とともに開講しています。

 (3) 基礎ゼミは教養演習として1年前期に開講されます。その目標は、学生の情報収集能力、自己表現能力をトレーニングすることにより、新入生に対する、大学での学習へのイントロダクションとすること、また、少人数クラスのゼミを実施することで、新入生が大学生活へ円滑に入れるよう支援することにあります。また、基礎ゼミで修得したスキルをさらに伸ばすことを目的とする、発展ゼミを開講しています。

トップ
このページのトップへ