• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>学部・大学院

学部・大学院

データサイエンス・プログラム

データサイエンスの知識を保健福祉分野での
課題解決に活用できる力を養う

 近年、IoT、AI、ビッグデータ、ロボット等の新技術の進展により、保健福祉分野でも大きな変革が始まっています。たとえば、病院の医療情報は電子カルテによりデータベース化して管理していますし、医療研究や社会調査には統計分析が欠かせません。また、IoTを用いた高齢者等の見守り、インターネットを活用した地域包括ケア、AI技術を用いた福祉支援システムなども研究が進んでいます。

 本学では、統計学、情報学を系統的に学ぶデータサイエンス・プログラムを用意しており、本プログラムにより、新しい時代に求められる統計的手法や情報技術を修得できます。

データサイエンス・プログラムの概要

 本学では、統計学、情報学を基礎から応用まで順を追って学べるような授業を用意しています。本プログラムでは、統計学、情報学を大きく次の四段階に分けて、系統的に学修していきます。

  • 第一段階(共通基礎)
     数学、統計学、情報学、情報処理の基礎を学修します。
  • 第二段階(専門基礎)
     各専門領域に活かすための統計学、情報学の基礎を学修します。
  • 第三段階(専門応用)
     各専門領域の統計学、情報学の演習を行い、統計学、情報学の知識やスキルを保健福祉の各専門分野での課題解決に応用できる力を養います。
  • 第四段階(専門発展)
     人間社会学部では、3年次に総合人間社会コースを選択し、本プログラムに沿った知識やスキルを用いて「卒業論文」等に取り組むことも可能です。

hoken-fukusi-jouhou-kyouiku-program.PNG

(→先頭に戻る

データサイエンス・プログラム学修証明書

 データサイエンス・プログラムにおいて、所定の要件を満たすと、取得した単位数等に応じて学修証明書が交付されます。

データサイエンス(リテラシー)学修証明書

データサイエンスに関する基礎的な知識・技能を学修した者に与えられる。
【要件】3年次修了時又は卒業時に次の条件をすべて満たした者
・表Ⅰに示す科目の中から合計2単位以上を取得
・表Ⅰ、表Ⅱ、表Ⅲに示す科目の中から合計8単位以上を取得
・上記単位取得科目の獲得GPの総和(累積GP)が16以上
・人間社会学部は「情報処理の基礎と演習」(2単位)が必須科目
・看護学部は「情報処理演習Ⅰ」(1単位)が必須科目

データサイエンス(基礎)学修証明書

データサイエンスにおける基礎的な知識・技能を学修し、またデータサイエンスを用いた基本的な調査分析の方法やICTの利活用について学修した者に与えられる。
【要件】3年次修了時又は卒業時に次の条件をすべて満たした者
・表Ⅰ、表Ⅱに示す科目の中からそれぞれ4単位以上を取得
・表Ⅰ、表Ⅱ、表Ⅲに示す科目の中から合計18単位以上を取得
・上記単位取得科目の獲得GPの総和(累積GP)が36以上
・人間社会学部は「情報処理の基礎と演習」(2単位)が必須科目
・看護学部は「情報処理演習Ⅰ」(1単位)が必須科目

データサイエンス学修証明書

データサイエンスにおける知識・技能を学修し、またデータサイエンスを用いて実践的な調査分析の方法、問題解決等に活用する方法について学修した者に与えられる。
【要件】3年次修了時又は卒業時に次の条件をすべて満たした者
・表Ⅰ、表Ⅱ、表Ⅲに示す科目の中からそれぞれ4単位以上を取得
・表Ⅰ、表Ⅱ、表Ⅲに示す科目の中から合計30単位以上を取得
・上記単位取得科目の獲得GPの総和(累積GP)が75以上
・人間社会学部は「情報処理の基礎と演習」(2単位)が必須科目
・看護学部は「情報処理演習Ⅰ」(1単位)が必須科目

表I データサイエンス共通基礎
  • · 数学概論(2単位)
  • · 統計学(2単位)
  • · 情報科学(2単位)
  • · 情報処理の基礎と演習(2単位) ※人間社会学部必須科目
  • · 情報処理演習Ⅰ(1単位) ※看護学部必須科目
  • · 情報処理演習Ⅱ(1単位)
  • · 情報処理応用演習(1単位)
表Ⅱ データサイエンス専門基礎
  • · データ分析の基礎(2単位)
  • · 社会統計学Ⅰ(2単位)
  • · 社会統計学Ⅱ(2単位)
  • · 心理学統計法(2単位)
  • · 保健統計学(2単位)
  • · 疫学(2単位)
  • · 情報数学(2単位)
  • · プログラミング概論(2単位)
  • · データベース論(2単位)
  • · マルチメディア論(2単位)
  • · 情報ネットワーク論(2単位)
  • · 現代社会論B(情報社会論)(2単位)
  • · 現代社会論C(情報社会と法)(2単位)
  • · 情報検索システム論(2単位)
  • · 個人情報法制(2単位)
  • · 地理情報システム論(2単位)
表Ⅲ データサイエンス専門応用
  • · 社会調査法(2単位)
  • · 社会福祉調査法(2単位)
  • · 保健社会調査論(2単位)
  • · 心理学研究法(2単位)
  • · 社会調査の設計(2単位)
  • · 地域社会分析法C(2単位)
  • · 心理学実験Ⅰ(2単位)
  • · 心理学実験Ⅱ(2単位)
  • · 社会調査実習Ⅰ(2単位)
  • · 社会調査実習Ⅱ(2単位)
  • · 看護研究(2単位)
  • · 公衆衛生看護アセスメント論Ⅰ(2単位)
  • · 公衆衛生看護アセスメント論Ⅱ(2単位)
  • · データ処理とデータ解析Ⅰ(1単位)
  • · データ処理とデータ解析Ⅱ(1単位)
  • · Webデザイン演習(1単位)
  • · 看護情報学(1単位)
  • · 情報ネットワーク演習(1単位)
  • · プログラミング演習(1単位)

(→先頭に戻る

授業の紹介

 たとえば、こんな授業があります。

情報処理の基礎と演習(1年次)

 大学では、レポート作成や研究調査、調査発表などをパソコンを使って行う必要があります。大学での学業で必須となるパソコンの基礎的な使い方、情報倫理や情報セキュリティ、いわゆるOfficeソフト(Microsoft Word、Excel、PowerPpint)の基本的な操作スキルを学修します。Officeソフトの演習では大学でのレポート作成と調査発表を想定し、「教養演習」と連動して授業を進めていきます。(人間社会学部の必修科目です。)

データベース論(2年次)

 福祉・看護・その他多くの業務において、業務上いろいろなデータを管理する必要があり、データベースはデータ管理の中核となっています。情報システム設計の基本となるデータベースについて、役割と仕組み、構築とデータ管理について学修します。また、Microsoft Accessを用いて実際にデータベースの構築を行います。

Webデザイン演習(2年次)

 インターネットでは様々なWebサイトが運営されています。この授業では実際にWebサイトの開設を想定してWebページを作成しながら、Webを取り巻く代表的な技術(HTTP,HTML,CSS,JavaScriptなど)を学修します。また、単なるページの見た目だけではない、情報を伝えるためのWebデザインの方法についても学んでいきます。

データ処理とデータ解析 I(3年次)

 保健福祉分野の専門家として調査・研究を行う際に必要となる統計的手法を学修します。量的・質的データの基本統計量や度数分布、各種の検定法、量的データの多変量解析を学びます。グループ単位でミニ調査を実施し、統計解析を行い、報告書を作成します。

(→先頭に戻る

情報処理関係資格取得支援プログラム

 情報処理関係の資格取得を支援するために、次の資格に対する支援プログラムを用意しています。

上級情報処理士

 本学の所定の単位を修得すれば「上級情報処理士」の資格を取得することができます。上級情報処理士は、全国大学実務教育協会が認定する資格です。上級情報処理士の資格を取得することは、コンピュータを使って実務を行う技術が身についたことの証となり、企業にとって学生の情報処理能力を客観的に評価できる一つの材料となります。

 データサイエンス・プログラム関連科目の多くが上級情報処理士の対象科目となっています。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

 オフィスソフトMicrosoft OfficeやオペレーティングシステムWindowsについての操作スキルの認定資格が「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」です。Microsoft Officeは、現在、多くの職場で活用されている代表的なアプリケーションソフトです。この認定資格は企業での認知度が高いため、就職活動前に取得しておきたい資格です。

 毎年夏季休暇期間中にMOS資格対策講座を開講しています。7日程度で集中して勉強しMOSの資格試験に備えます。講座受講者からは毎年多くのMOS合格者が出ています。

(→先頭に戻る



「全学横断型教育プログラム」に戻る

トップ
このページのトップへ