• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>図書館・センター>附属図書館

附属図書館

電子ジャーナル

当大学は、電子ジャーナルの利用に「JournalWeb」(提供:紀伊國屋書店)を利用しております。

電子ジャーナル及び「JournalWeb」の詳細につきましては、以下「電子ジャーナルとは」をご参照ください。

JournalWeb.gif

(別窓で開きます)

電子ジャーナルとは

電子ジャーナル(Electronic Journal/Online Journal)とは、雑誌論文の本文・図表等が電子化され、インターネットのWeb上で閲覧することが出来る雑誌のことです。
海外学術雑誌の多くは、紙媒体と同時に電子化され電子ジャーナルとして公開するものが多くなりました。
誰にでも無制限に開放されている電子ジャーナルも中にはありますが、多くは提供元との契約・登録によって利用が可能となります。
電子ジャーナルの利点としまして、伝達の早さや紙では伝わらない音、動画等も伝達が可能になるということが挙げられます。また、Web上での参照(リンク)も容易になります。
福岡県立大学附属図書館では、各提供元との契約・登録に基づき、学内の利用者が電子ジャーナルを利用できる環境を整えています。

利用上の注意

Ⅰ.福岡県立大学の学内LANに接続されている端末でご利用ください。それ以外の端末でのご利用はできません。

Ⅱ.出版社との契約において、守らなければならない事項が定められています。出版社ごとに細かな内容が違いますので出版社等の注意書きを読んだ上で利用してください。
一般的に以下の行為は故意・過失を問わず厳しく禁止されています。
・組織的に大量のダウンロードやプリントアウトをすること。
・個人利用以外の目的で使うこと。
・営利・非営利を問わず複製・再配布すること。
・著作権を侵害すること。
・PC上にダウンロードしたページをメール等で送付すること。

違反が発生した場合、福岡県立大学からのアクセスすべてが停止されることがあります。

Ⅲ.利用できないタイトルに関するお問い合わせの際は、以下の情報をお持ちの上、附属図書館までお尋ねください。その場で解決できるものは解決いたしますが、解決できないものにつきましては出版社等に問い合わせる形になりますので時間を要することをご了承下さい。
・利用していた場所
・利用しようとしたタイトル、巻号数、出版年等の情報
・画面上に表示されたメッセージ、現象等のエラー状況

※メールでお問い合わせされる場合は、tosyo@fukuoka-pu.ac.jp、
もしくはtosyo2@fukuoka-pu.ac.jpまでお願いいたします。その際、タイトルに「電子ジャーナルについて」と表記し、本文には必ず名前を表記してください。

JournalWebとは

学術情報関係のポータルサイトです。福岡県立大学専用ページになりますので、上記でも説明している通り、福岡県立大学学内LANに接続されている端末からのみ利用できます。
当大学が契約している電子ジャーナルの閲覧を始め、様々な事柄に使用できます。

<電子ジャーナルリストへの道>

1.JournalWebをクリックする。
2.【アルファベット別タイトル検索】・【アルファベット別出版社検索】・【詳細検索】の画面が表示されるので、それぞれの使用法にあった検索方法で電子ジャーナルを探す。

それ以外に、OPAC検索結果からもリンク可能です。
また、PsycINFOやERIC、CINAHLなどのデータベースの検索結果からの本文リンクもできます。

<電子ジャーナル利用方法>

1.JournalWebを使用して、目的の電子ジャーナルにアクセスする。
2.閲覧したい巻号を検索する。
3.FullTextやPDFと書かれた部分をクリックすると、記事全文が表示される。
4.閲覧終了後、「LOGOUT」もしくは「LOGOFF」と書かれたボタンがある場合、それをクリックして終了する。

<注意事項>

※閲覧する際、ID・PASSWORDを求められる場合があります。その際は、カウンターまでお問い合わせ下さい。不正アクセス等を防止するため、メールでのお問い合わせには応じていません。なお、ID・PASSWORDをお尋ねの際には、福岡県立大学の学生証・教員証・職員証等が必要です。
※契約済の電子ジャーナルであっても閲覧制約等により閲覧不可能な巻号もあります。
※閲覧終了後、「LOGOUT」や「LOGOFF」のボタンがあるにも関わらず、ウィンドウの「×」ボタンで閉じると、アクセス数に制限のある電子ジャーナルでは他の人が閲覧できない可能性があります。「LOGOUT」・「LOGOFF」のボタンがある場合は必ずそのボタンをクリックすることによって終了して下さい。

トップ
このページのトップへ