• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>附属研究所>生涯福祉研究センター

生涯福祉研究センター

「お父さん・お母さんの学習室(ペアレントトレーニング)」のご案内

-発達に遅れのある子どもをお持ちの保護者のために- 
【詳細はこちらをご覧下さい。】 PDFファイル (163KB)

福岡県立大学附属研究所生涯福祉研究センターでは,発達に遅れのある子どもをお持ちの保護者のために「お父さん・お母さんの学習室」を開いています。

この学習室の目的は、ご家庭で子どもにどのようにしたらうまく生活技能を教えることができるか、子どもの困った行動をどのようにしたら少なくすることができるか、などを保護者の方々に学んでいただくことです。このようなやり方をわれわれは「ペアレントトレーニング」と呼んでいます。

指導は福岡県立大学の教員が行ない、その補助を大学院生、学部学生などを中心としたスタッフが行ないます。

受講を希望される方はご連絡をください。

0947-42-2118(中藤)


【目的は】
・ 食事,排泄,着脱衣などの生活技能をどうしたら上手に教えることができるかを学びます。

・ かんしゃく,乱暴,自傷などの困った行動をどうしたら少なくすることができるかを学びます。

【費用は】
・テキスト代(実費)として1,000円い

ただきます。
【この学習室では】
・ ペアレントトレーニングについての基本的な考え方を,講義やビデオで説明していきます。

・ それぞれの子どもに合わせて指導プログラムを一緒に考えていきます。

・ 作成したプログラムに基づいて,実際にご家庭で子どもへの対応に当たっていただきます。

・ その時の様子を記録用紙に記入していただき、次の回までに持ってきていただきます。

・ その経過を見ながら,一緒にプログラムを再検討していきます。

・ ペアレントトレーニングの前後で進歩の度合いを保護者の方々に確かめていただくために,ビデオ撮影を行ないます。

・ こちらで子どもを直接指導することはしませんが、子どもを連れてきていただくことがあります。

・ 必要な場合は本人および兄弟を含めて託児もいたします。
【日程など】

毎週月曜日(10週間)



10時~13時頃まで



保護者の方のみ参加



形式 講義および個別相談







【対象は】
・ 発達に遅れのある子どもを持つ保護者の方

・ 子どもの年齢は,3歳頃から10歳頃まで
【場所は】
生涯福祉研究センター
【募集人員は】
・ 3名までとさせていただきます。スタッフに限りがあるためです。

・ 応募者が3名を超えた場合は、次回までお待ちして頂きます。なお、その場合は次回の「お父さん・お母さんの学習室」に優先的に参加できるようにいたします。
【参加のための条件】
・ できるだけ毎週休まずに参加できる方に限らせていただきます。

・ 保護者の方々が家庭で実践なさった事柄や行動の変化を、後の学習室の教材として使ったり、学生の卒業研究などにまとめさせていただくことがあります。その場合、匿名は守ります.


トップ
このページのトップへ