• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>附属研究所>生涯福祉研究センター

生涯福祉研究センター

足と靴の相談室

自分にあった靴を探している方、足に痛みを感じ足の調子がスッキリしない方、タコ、魚の目がいつもできて困っている方、ご相談ください。
専門の相談員がご相談に応じ、健康な足になるためのアドバイスをいたします。

完全予約制 0947-42-2119 中藤(ナカフジ)まで

足と靴の相談室とは

私どもはこれまで「新技術・新産業の拠点」構築による地域活性化をめざし、さらに、これまで注目してきた「足と靴の問題性」に焦点を当て、「足と靴の問題性」を明らかにし、「健康は足もとから」という観点で問題解決に取り組み、快適な歩行を保証し、健康な体づくりを目指し、寝たきりを予防することで地域の活性化を目指してきました。

そして2008年8月に「足と靴の相談室」を開設することができました。当相談室の主な役割は次の通りです。

  • a)住民の足と靴の相談に応じるサービス
  • b)「足と靴の相談技術者養成講座」の実習の場
  • c)足、靴、歩行に関する啓蒙活動

足と靴の相談内容

  • ◆「靴の正しい選び方・履き方」「外反母趾、タコ、ウオノメでお困りの方」「自分の足に合う靴がなかなかない」など、足と靴に関してお困りの方の相談。
  • ◆足の健康になくてはならない「歩行具としての靴」のご紹介。
  • ◆ひとりひとりの足の状態に合わせてカスタマイズした靴やインソールのご紹介。

相談 の流れ

話で予約をする。0947-42-2119 中藤(ナカフジ)まで

まずは相談室にご連絡をいただき予約をします。その際、足や靴のトラブルの概略、今履いている靴のサイズなどをお聞きして、日程調整をします。

相談の実際
    • (1)カルテの作成
    • (2)問診
    • (3)足をきれいにふく
    • (4)フットプリントをとる(足はよごれません。ズボンの場合は膝まであがるものにしてください。)
    • (5)足関節などの触診 
    • (6)足の状態を写真に撮る(膝から下の脚部、足部のバランスを拝見します)
    • (7)脚長差測定 
    • (8)医師の指示で歩装具を制作(注1)の場合はトリシャムをとる 
    • (9)靴をご希望の場合は、靴の選定(注2) 
    • (10)歩容チェック  
    • (11)靴の正しい歩き方や歩き方のアドバイス

(注1)現在、田川市内の病院と連携しています。ご相談ください。
(注2) FPU(福岡県立大学)のロゴがはいったAMSTWとAFWをご紹介できます。

kutu.jpg

トップ
このページのトップへ