• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>附属研究所>ヘルスプロモーション実践研究センター

ヘルスプロモーション実践研究センター

事業紹介

教育研修事業部門

  →源流塾

地域住民対象事業部門

研究事業部門

教育研修事業部門

身体感覚活性化(世にも珍しい)マザークラス 医療者向けセミナー

 参加者が、「身体感覚活性化(世にも珍しい)マザークラス」の哲学を理解し、女性の身体の力・産み育てる力を全面的に信頼するケアを体感により理解することを目的に、2005年度以降開催しており、2009年までに5回開催しました。
セミナーの満足度は非常に高く、その理由に「助産師として、原点に立ち返ることができた」「身体感覚活性化という、新しい視点を与えていただき、大変感動した」などが挙がりました。参加者はこのセミナーで「体験」をとおして、医療者として、人間としての自分自身のあり方に気づくようです。

image031.jpg image033.jpg
母親から学ぶ助産師 シェアリング風景

実習運営部会FD研修会

image038.jpg 実習運営部会では"経験型実習指導教育"の理解と浸透を図るために、年4回FD研修会を行っています。1回目と4回目は本校実習施設の臨床実習指導者と本大学教員合同による研修会、2回目、3回目は主に本大学に着任した新人講師、助教・助手の先生方を対象とした研修会を行っています。学内講師による講義と参加者の具体事例に対する討議・発表であり、日頃直面している問題の方向性を見出すために、出席者は熱心に取り組んでいます。

地域住民対象事業部門

身体感覚活性化(世にも珍しい)マザークラス in 田川・福岡

 「身体感覚活性化(世にも珍しい)」マザークラスは、母親と赤ちゃんが持っている産む力・生まれる力・育てる(育つ)力を、身体で感じ、その「力」を引き出すクラスです。毎年、本学と福岡市で2回開催し、好評を得ています。

<コースの内容>(定員10名)

息を感じる 触って感じる       【気功・出会い 】
♪知り合う、触れ合う、語り合う
食で感じるわたしのからだ      【気功・食の体感(試食)・クイズ】
赤ちゃんも喜ぶ~からだがほしがる食事、野菜のエネルギーを引き出す簡単レシピ
アロマで感じる私のからだ      【気功・アロママッサージ 】
においとふれるで快を感じる・・・からだの声に耳を澄ませば・・・
からだの智慧で産み・育てる     【気功・お産体験】
 ~からだの声に導かれ、迎えるお産と母乳~
音に響くからだでわたしを知る    【気功・癒しの音色、修了式】
からだの内(なか)で感じたわたし自身のバースプラン
わいわい同窓会             【気功・何でもトーク 】
koutei.jpg ninpu.jpg
大学の校庭での気功 和やかなシェアリング

不妊支援

 不妊の悩みを抱えて翻弄する当事者が多く存在する現在、医療現場ではない、地域に根ざした大学が不妊支援を行うことの意味は大きいと考えます。そこで「子どもがいても、いなくても、大切なわたし*大切なあなた」と題して、フォーラムやセミナー、不妊相談を開催しています。不妊の苦悩は計り知れないですが、「不妊のこころ」が語りにくい社会の中で、子どもがいてもいなくてもお互いを思いやり、豊かな人生を自分自身で見つけていける不妊支援の活動を今後も行います。

image005.jpg image007.jpg
笑いあり、涙ありのセミナー セミナーのポスター

健康大使セミナー

 身体感覚活性化(世にも珍しい)マザークラスの卒業生は、妊娠・出産・育児を通して成長し、いきいきと活動しています。これら卒業生が、マザークラスで体験したことや子育ての楽しさを、一人でも多くの女性たちに伝えてもらえることを願って「健康大使」に任命しています。これからの「母として、女として」の役割の意識付けを行うセミナーを2009年度から開催し、2010年に2回目を開催しました。参加者は、「多くの人にこのマザークラスを伝えたい」「セミナーを開催してみたい」「ありのままでよいことを妊婦の友人に伝えたい」「赤ちゃんの気持ちを伝える活動をしたい」などと夢を語り合いました。

image009.jpg image011.jpg
『健康大使の役割』の説明 話がつきない・・・『おしゃべり大会』

子どもの健康見守り隊

 "子どもの健康見守り隊"は、子どもの自身が自分の健康を守っていくための健康教育プログラムです。自転車に例えれば、2つの車輪がお母さんやお父さん、そして保育士や幼稚園教諭であり、自転車に乗る子ども自身が上手に運転できるように子どもを支えていきます。つまり子ども自身が健康的に過ごすことができる術が身につくように、子どもを囲むお父さん、お母さん、保育士等三方向に対して実践する健康教育プログラムです。

image029.jpg image027.png
健康保育の様子

筑豊市民大学・ヘルシーエイジングゼミ

image036.png ヘルシーエイジングゼミは、地域の住民と大学教員とで連携・共同して行う、筑豊市民大学の一環であり、7年間継続しています。このゼミに参加する地域の方は、それぞれが健康課題をもつ50歳代から80歳代までの中高年の方であり、自らの健康づくりにとても興味・関心が高いのが特徴的です。看護の専門職者として教員がサポートをすることで、生活に取り入れやすく楽しい健康づくりが目指しています。地域の方と大学教員が連携・共同して展開している事業を通して、地域のなかで健康を支援するリーダーとなる住民の方を育成していきたいと考えています。



【産学官連携事業:女性のからだを感じるセミナー】

 「女性のからだを感じるセミナー」は(株)アピカルとの共同事業として、2009年度よりセミナーを開催し、2010年3回目を開催しました。第1回目は「母と子の絆」、第2回目は「食」、そして第3回目は「働く女性の妊娠・出産・子育て」をテーマとし、講演と体験をまじえたセミナーは高い満足度を得ています。今後も女性が自分のからだを通して人生を見つめ直すお手伝いができるよう、セミナーを継続していきたいと思います。

image040.jpg image042.jpg
い草を敷き詰めた会場
会場が一体となって行った気功
第2回セミナーのフリートークの様子

研究事業部門

平成28年度 日本学術振興会 科学研究費助成事業(科学研究費補助金)獲得研究(継続)
種類 代表者 研究テーマ
若手研究(B) 安永 薫梨 精神科病棟における看護師への暴力防止のための患者教育プログラムの開発
平成28年度 日本学術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)獲得研究(新規)
種類 代表者 研究テーマ
基盤研究(C) 赤司 千波 高齢者施設の終末期ケアマニュアルの開発-介護付有料老人ホームに焦点を当てて-
基盤研究(C) 石田 智恵美 看護学生の知識の構造化を目指した演習・実習連携授業の開発
基盤研究(C) 四戸 智昭 不登校・ひきこもりの子を抱える「支援困難な親」のためのセルフチェックリストの研究
挑戦的萌芽研究 藤野 靖博 段ボール離被架とカプサイシンジェルを用いた睡眠導入効果の検証
平成28年度 日本学術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)獲得研究(継続)
種類 代表者 研究テーマ
基盤研究(C) 檪 直美 認知症高齢者を抱える家族介護者の介護力獲得支援プログラムの有効性に関する研究
基盤研究(C) 江上 千代美 トリプルP介入によって発達障害児をもつ母親の子育てレジリエンスは向上するか
基盤研究(C) 尾形 由起子 地域における住民の在宅医療セルフマネジメント教育プログラムの開発
基盤研究(C) 於久 比呂美 臨床看護師の「自分磨きの極意」と「伝授法」に関する検討
基盤研究(C) 佐藤 香代 女性の産み育てる力を高める教育プログラムの検証と構築に関する研究
基盤研究(C) 田中 美智子 働く更年期女性の睡眠に着目した就労生活の質を改善するケアの検討
基盤研究(C) 原田 直樹 不登校児童生徒への効果的な支援方法を検討する追跡調査-大学生の関わりを中心に-
基盤研究(C) 宮園 真美 慢性疼痛トリガーポイントへの温熱療法を活用した寝たきり防止看護プログラムの構築
基盤研究(C) 村田 節子 コンコーダンス概念に基づいた経口抗がん剤服用患者支援看護プログラムの構築
基盤研究(C) 吉田 恭子 小規模多機能型居宅介護における看取りケアに関する研究
挑戦的萌芽研究 永嶋 由理子 看護技術の熟達化過程に伴う「感情変化」と「習熟度」に関する実証研究
挑戦的萌芽研究 渡邉 智子 高齢者の身体活動量維持のためのM-Testを用いたセルフマネジメントに関する研究
若手研究(B) 梶原 由紀子 インクルーシブ教育における養護教諭の危機対応力向上に関する短期研修プログラム開発
若手研究(B) 佐藤 繭子 布製ナプキン使用による女子学生の心身への影響
若手研究(B) 増滿 誠 うつ病患者の看護師との対話場面における沈黙の意味の検討
平成27年度 福岡県立大学研究奨励交付金研究(プロジェクト研究)
代表者 研究テーマ
生駒 千恵 2型糖尿病患者におけるうつ傾向とQOLの関連に関する日中比較研究
村田 節子 子どもの頃からがん予防の認識を高めるがん教育のプログラム構築に関する研究
平成27年度 福岡県立大学研究奨励交付金研究(全学横断型プログラム)
代表者 研究テーマ
加藤 法子 国際交流プログラムの構造化に向けた調査研究
松浦 賢長 子供の支援者を目指す学生の援助力養成ボランティア・ラダーの開発~援助力養成プログラムの実質化の推進~
平成27年度 福岡県立大学研究奨励交付金研究(若手奨励研究)
代表者 研究テーマ
青野 広子 「保育看護学習会を受講した保育士の"子どもの病気・けが"への対応に対する意識と実際」
石村 美由紀 不妊当事者間の相互作用に関する研究
梶原 由紀子 養護教諭の危機対応力の研修に関する調査研究
小林 絵里子 母乳育児支援ケアの質担保の検討
田中 美樹 検査・処置を受ける子どもと家族の力を引き出すプレパレーションツール開発~気になる子どもを含む発達障がい児と家族に焦点を当てて~
藤野 靖博 体幹と末梢皮膚温の温度勾配を早める足浴法による睡眠導入効果の検証
増滿 誠 看護大学生の所属大学を超えた協働力に関する研究
吉川 未桜 赤ちゃん先生クラスを取り入れた小児看護学演習の意義と課題~参加したママ講師・トレーナーへのアンケートより~
吉田 静 「子どもを喪失した家族に携わる看護者の会」に関する研究-企画に参加した看護者の気持ちの変化-
トップ
このページのトップへ