• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>附属研究所>不登校・ひきこもりサポートセンター

不登校・ひきこもりサポートセンター

キャンパススクール

キャンパススクール(以下「スクール」と記載)は、福岡県立大学の中にあるフリースクールです。

子どもたちへの学習支援や集団活動体験(グループワーク活動やイベント等の体験活動)などをおこなっています。学校から遠ざかっている子どもたちに対して、心理的サポートやグループワークをおこなうことでコミュニケーション能力やソーシャルスキル等の向上を図ることを目的としています。

スクールには、教師経験のある校長をはじめ、教員免許をもった専従の指導員、臨床心理士が、子どもたちの支援に当たっています。また、県大子どもサポーターの大学生がスクールに来て、子どもたちにとっての身近なお兄さん、お姉さんとして、子どもたちにとってのモデルとなるよう一緒に関わっています。


スクール活動にあたっては、子どもが在籍する学校との連携を前提としています。また、ほとんどの学校では、スクールの出席を学校での出席の扱いにしていただいています。

<スクールは、夏休みや冬休みもやってます!>
 
スクールでは、子どもたちの居場所を確保するために原則として土日、祝祭日、年末年始以外は開校しています(夏休みや冬休みも開講しています)。
これは、学期中にがんばってスクールに通ってきていたのに、長い休みの間に、またひきこもりがちな生活に戻ってしまう子どもの支援が必要な場合があるからです。

※キャンパススクールご利用の希望がある方は、まずはお電話でご相談ください。
 開級日 月曜日〜金曜日(平日 9:00〜15:00) ※入試等の大学行事によって、臨時のお休みをすることがあります。

DSC_0224.JPG

キャンパススクールの室内の様子です。

DSC00487.jpg

みんなで軽スポーツをして汗を流します。

campas_3.JPG

バスハイクで乗馬体験に行きました。

campas_4.JPG

大学生ボランティアの「県大子どもサポーター」が学習支援や話し相手など、毎日関わります。




トップ
このページのトップへ