• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>不登校・ひきこもりサポートセンター

新着情報

不登校・ひきこもりサポートセンター

イベント「中高生ICTサミットin久留米」に子どもサポーターが参加しました

6760.jpg

平成29年12月17日(日)に久留米シティプラザで行われた「中高生ICTサミットin久留米」に県大子どもサポーター7名が参加しました。

この中高生ICTサミットin久留米は、その日初めて会う中学生・高校生がグループに分かれて、ICTの進化で大きく変化する社会の中で必要な知識・能力・モラルについて熟議し発表する場として開催されました。

サポーターはその中高生が入り混じった各グループの議論を導くファシリテーターとして活動しました。

テーマに沿って議論を重ねた後は3分間でその成果を発表します。

サポーターは時間内に議論はまとまるか、方向性がずれてないか、発表は失敗しないか・・・と心配しながらグループの生徒達を見守っていました。

7160678240801.jpg6786.jpg

~参加した県大子どもサポーターの感想~

看護学部看護学科2年 森 美鈴

ICTサミットに参加するのは三度目ですが、毎回新しく出会う高校生や中学生に驚かされます。大人が知らないようなことや、まだ子どもだから知らないだろうと思っていることを、生徒達はよく知っていたり、興味を持っていたりします。

また生徒達は口には出せないだけで、心に秘めていることが沢山あります。私が参加してよかった。と思える時は、その心に秘めていること、また大人には言えないことなども含め、色々とお話を聞けた時です。   ICTサミット中は、自分が得意なことは生かそうとする生徒がいたり、普段は絶対できないけど挑戦してみて大成功をした生徒がいたり、と、私だけでなく本人達も一皮むけた体験ができたのだろうなと嬉しく思いました。

ICTサミットのことだけでなく、普段どんなふうに過ごしているのかなどの話をして盛り上がれてすごく楽しかったです。

トップ
このページのトップへ