• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>国際交流

新着情報

国際交流

お知らせ留学生支援事業第1回

(歓遊舎ひこさん・魚楽園・ラピュタファーム)

 6月4日(土)に第1回留学生支援事業が行われました!
福岡県立大学では、年間約5回の留学生支援事業を行っています。県立大生と留学生の交流と、学生による日本、そして福岡の深い理解を目的としています。今回は、中国・韓国からの留学生7名と本学生5名が参加しました! 今回は、筑豊地区のバスハイクへ。歓遊舎ひこさん⇒魚楽園⇒ラピュタファームを訪問しました。

まず、歓遊舎ひこさんへ。
筑豊の旬の野菜や、工夫をこらされた特産品をじっくり見学し、企業と農家のコラボレーション施設の効果について学習しました。「近かったらいつも買いに来たい!」の声があがりました!

続いて、「雪舟さんの魚楽園」へ向かいます。

時まさに新緑の真っただ中!緑の柔らかさと、山の空気を胸いっぱい吸い込みました。

室内見学では、日本家屋の空間の使い方や、色彩の妙に感心します。
木と紙のぬくもりに触れ、「ここに住んでみたいなあ」ともらした学生もいました。

現在のご当主に、「神仙蓬莱思想」によって造られた庭園についてのお話しを聞くことができました(写真中央左がご当主)。鶴亀、仙人や観音菩薩の配された庭園の構図や思想について学習し、借景による日本庭園の美しさに感動しました。

 さて、お腹をすかせてラピュタファームに向かいました。
地産地消のレストラン、金の原の野菜のお料理が目にもお腹にも新鮮です。「観遊舎で見た野菜がこんなおいしい料理になるんだね」と感心しながら食べました。おかわりして、全種類の料理を食べた学生もいました!

今回の支援事業で、筑豊地区の一部ですが、実際に行って、見て、考えて、食べて学生同士の交流を図ることができました。また、次回の支援事業では、福岡の他の地域に学びに行く予定です。これからも、学生全員が積極的に意見交換をして、たくさんの経験をつんでいきます。おつかれさまでした!!

(完)

トップ
このページのトップへ