• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>大学院>人間社会学研究科

人間社会学研究科

各専攻の構成と特色

社会福祉専攻

g_rinen_img.jpg

(1) 構成

社会福祉研究の総合化・統合化の必要性より、社会福祉専攻では①社会福祉分野、②地域社会分野の2分野で構成されています。研究内容は相互に関連し、学術研究の連携を図ります。

(2) 特色

1. 社会福祉分野では、児童と家族、障害者、高齢者等の援助を必要とする人々の生活課題について、個人や家族、集団、地域等における人間関係やサービス利用状況等を含めて全体的に把握することで、利用者の援助、介護、社会参加や自立支援のあり方等を研究します。

2. 地域社会分野では、地域開発、住民の生活と福祉、地域社会の産業・雇用の促進等を目指す地域政策を研究し、また地方自治体における社会福祉の政策・制度、福祉計画等についての問題を追求します。



大学院入試概要へ

心理臨床専攻

(1) 構成

心理臨床専攻は、生涯発達に対する要求を持った人々の心理的側面を支える人材の養成を目指します。心理学の基礎的側面の学習とともに、心理的支援を必要とする人に対するカウンセリングなどの実践能力を育成します。本専攻は、平成22年度より日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定大学院です。

(2) 特色

1. 教育、医療、福祉領域で十分に活躍できる臨床心理士を養成することを目指しています。本専攻では、心理臨床の専門性を高めながら、教育や福祉、医療の分野で他の専門的職業人と協働していける臨床心理士の養成を目指します。 そのために、教育、福祉、医療に関する科目を他の専攻等から履修できるようにしています。

2. 実践的な技能のみならず研究についての能力も育成します。1年次より特別研究を課し、心理臨床についての主体的に研究する能力を育成します。

3. 実習は、学内や協力病院などで2年間にわたって行います。心理療法や心理査定についての基本的な技能を実践的かつ体系的に身につけられるように配慮します。


大学院入試概要へ

子ども教育専攻

(1)構成

 子ども教育専攻では、保育・幼児教育及び小学校段階を中心とする学校教育分野、すなわち子ども教育分野における人間形成の営みとその諸課題を、保育学・教育学、児童福祉学及び関係諸科学から研究し、理論と実践の往還と融合を図ること等により、高度な専門知識だけでなく、様々な教育課題の解決に資する優れた課題解決能力や、教育現場で中核的な役割を担える質の高い実践的指導力を身に付けます。

(2)特色

  • ① 本専攻では、子ども教育分野の高度な専門職業人及び研究者を育成することを目的としています。
  • ② 子ども教育に関わる先進的な取組事例の研究などを通じて、保幼小連携の強化への取り組みに対応できるような幅広い専門知識を修得します。
  • ③ 子ども教育分野における今日的な教育課題や地域教育課題を自ら見出し、解決できるような保育者・教員などの高度専門職業人として必要とされる、優れた問題解決能力を修得します。
  • ④ 子ども教育の現場での実践実習と大学院における理論学習の往還を重ねて、必要とされる質の高い実践的指導力を修得します。

大学院入試要項へ

トップ
このページのトップへ