• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>社会貢献・ボランティア支援センター

新着情報

社会貢献・ボランティア支援センター

お知らせ「全国公立大学学生大会 ~LINKtopos 2019 in Kochi~」に参加しました

 令和元年9月3日~5日「全国公立大学学生大会 ~LINKtopos 2019 in Kochi~」が高知県でおこなわれ、本学から3名の学生が参加しました。今年は「防災・減災」をテーマに全国の公立大学生が集まり交流しました。

 1日目は、ポスターセッションをおこないました。参加団体ごとに活動内容をポスターにまとめ紹介しました。活発な意見交換がおこなわれ、活動の場や視野を広げる良い機会になりました。

 2日目は、フィールドワークとワークショップをおこないました。高知県黒潮町で日本一高い津波避難タワーなどを訪問したり、「防災に関するイベント」「災害情報を正しくわかりやすく伝える方法」「本当に必要な防災教育」の3グループに分かれ、テーマについて発表したりしました。

 3日目は、地区別リンクトポスをおこないました。地域ごとに分かれ、より仲を深めることを目的とし、話し合いやアイスブレイクをおこないました。

image6.jpeg image7.jpeg

 全国の公立大学生が集まっており、非常に刺激を受けました。自分は個人を対象としたボランティア活動や学習をしてきましたが、リンクトポスでは地域に根差して多くの人と関わる活動をしている学生が多かったです。地域の空き家を改装したり、被災地でボランティア活動をしたりと、自分が触れてこなかった世界で活動している姿は新鮮で魅力的でした。

 一方で、そのような活動をしている学生から見ると、本学の発表内容も新鮮だったようです。足を止めてポスターに目を向けてくれる学生もいて、自分たちの活動もまた誰かの刺激になっているのではないか、と考えると感慨深いものがありました。

 特に今回のキーワードでもあった「防災」は福祉においても決して関係のない世界ではないく、今後の学習においての一つの新しい視点を得ることができました。大変貴重な経験になりました。

(社会福祉学科3年)

 私にとって、今回のリンクトポスが全国の学生と交流する初めての機会でした。私は普段、学習支援のボランティアを多く行っていますが、全国には防災や被災地支援、地域活性など様々な活動をしている学生がいました。全国の学生に刺激を受け、さらに色々なジャンルの活動をして広く目を向けていきたいと思うようになりました。

 また、私は今まで災害を身近に感じていませんでした。リンクトポスでは黒潮町長のお話を聞いたり、避難タワーを訪れたりと貴重な体験をさせていただきました。普段から備えておく事の大切さと周囲との協力の重要性を感じることができました。

 リンクトポスに参加したおかげで自分の視野も広がり、とても良い機会になりました。とっても楽しかったです!

(社会福祉学科2年)

 全国の公立大学生が集まるということで非常に緊張していましたが、みんな優しく、おもしろく、非常に楽しかったです。「防災」という今まで触れてこなかった分野でしたが、他大学の学生から刺激をたくさん受け、本学の取り組みにも多くの方に興味を持っていただき、とても良い機会になりました。

(社会福祉学科2年)

トップ
このページのトップへ