• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>附属施設>看護実践教育センター

看護実践教育センター

教育課程の紹介

教育課程の概要(平成30年/西暦2018年)

【定員・教育期間等】

定員:18名
教育期間:平成30年6月~平成31年3月

【場所】
福岡県立大学看護実践教育センター
教 室: 看護学部棟 5号館 5211教室
演習室: 看護学部棟 4号館 健康学習室
実習室: 5号館 基礎・成人・老年看護実習室

IMG_0027.JPG

IMG_1387.JPG
福岡県立大学に併設していますので、学習しやすい環境が整っています。
【授業料等】
受験料 17,000円
入学金 121,600円
授業料 500,000円
【教員体制】
センター長:教授 尾形 由起子
主任教員:助教 別城佐和子
専任教員:助教 佐多愛子
非常勤教員(学内・学外):糖尿病看護認定看護師11名、慢性疾患看護専門看護師1名を含む講師陣から構成。
【実習病院】
飯塚病院、大分大学医学部附属病院、健和会 大手町病院、済生会長崎病院、聖マリア病院、
長崎原爆病院、福岡ゆたか中央病院(五十音順)

授業内容

共通科目

講義や演習を通して考察することで認定看護師として必要な知識と技術の理解を深めます。
糖尿病看護分野において、他の看護職者に対して指導や相談対応ができる能力を実践を通して育成します。

専門科目

最新の治療方法や療養支援を、糖尿病専門医や糖尿病看護認定看護師らの講義で学べます。
学習理論や教育技法など学び、慢性疾患である糖尿病を持ちながら生活調整をしている対象者への看護実践力を高めます。

学内演習/臨地実習

座学での学びを統合し、演習を通して実践力を高められるように支援します。
臨地実習では少人数制で臨めるため、教員からのきめ細やかな指導を受けられます。

教育課程の様子

IMG_0323.JPG IMG_0574.JPG IMG_1395.JPG
IMG_2443.JPG IMG_2902.JPG IMG_0321.JPG IMG_0892.JPG
IMG_1372.JPG IMG_2781.JPG IMG_1566.JPG

修了後のフォローアップ

修了生を対象に、毎年フォローアップ研修を実施しています。
先輩後輩とのつながりを拡げながら、それぞれが地域でも活躍しています。

IMG_0605.JPG IMG_1432.JPG IMG_1130.JPG

トップ
このページのトップへ