• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>学部・大学院>看護学部

看護学部

学部紹介

福岡県立大学看護学部は、以下の3つの学系から成り立っています。

基盤看護学系

基盤看護学系は、実験看護学、基礎看護学、臨床機能看護学の3つの専門領域で構成されています。 「実験看護学」では、経験だけに頼らない根拠のある看護=Evidence Based Nursingを推進していくための基礎的な研究を行います。看護技術のEvidenceを実験によって検証することや、細菌学実験を通して手洗いの有用性を実証したりなど、多岐にわたる実験を手がけています。また看護に必要な人体の基礎的知識を深めるために、からだの仕組みや働き、健康と病気のメカニズムについても学んでいきます。実験看護学では、高度な実験を実施できる教員や実験機材がそろっていますので、それぞれの専門の持ち味を生かして看護教育や看護ケアに役立つ研究を進めていきます。 「基礎看護学」では、看護の本質、看護とは何かについて科学的に系統立てて学んでいきます。また、看護の専門性を身につけるために、様々な知識を統合して客観的・論理的に道筋を立てて思考していく看護過程の学習や、科学的根拠に基づいた看護技術を身につけるための学習をします。看護の対象は人であり、生活者としての人です。その人がその人らしく、より健康的な生活を作り出すために、どのような援助が必要か思考プロセスを基に看護判断できる能力と、基礎的な看護ケアが提供できる能力を養います。また、基礎看護学では、看護技術に関する実験・開発等の研究結果を、学内の技術教育や学外での実習教育に反映できるよう努めています。 「臨床機能看護学」では、看護における教育的機能と管理的機能について、看護実践と探求をしていきます。一人一人の可能性が社会で実を結ぶよう、支援する教育方法や教育技法の提供、研究・開発に取り組んでいます。実習教育では、学生自身の経験を手がかりに学ぶ"経験型実習教育"に基づいた看護実習の提唱と実践指導を行っています。また、患者の自立を支援する患者教育や、看護サービスを受けての要求に沿ったものにしていくための方法と実践についても学んでいきます。その他、教育、管理、政策、語学、情報、保健社会学を専門とする教員によって、看護に必要な学問をさらに充実させています。

臨床看護学系

臨床看護学系は、成人看護学、老年看護学、精神看護学、女性看護学、小児看護学の領域から構成されています。 「成人看護学」では、成人期にある人々の特性を理解し、健康問題や健康障害について学習します。また、内科的・外科的治療を要する対象に対しては、急性期、回復期、慢性期、終末期、退院に向けた看護を、講義や臨床実習を通して身につけていきます。 「老年看護学」では、老年期にある人々とその家族の特性や健康問題・健康障害と諸問題への理解を深め、健康の保持・増進、生活の質の維持・向上を目指した支援について学習します。さらに保健・医療・福祉の動向と生活の場に応じたサポートシステムを理解し、他職種と連携・協働する中で看護職がどのような役割を担うのかを学びます。 「精神看護学」では、あらゆるライフステージにある人々、様々な場で生活を営む人々や集団を対象とします。また、他の領域にまして、看護の対象となる人々の人権の擁護、それらの人々と目標を同じにして協働することが求められます。その為、人々が、精神の健康の保持増進、疾病からの早期回復、障がいを持ちながらもその人らしく生活することを助けるために他の専門職と協働するために必要な、看護の知識・技術・価値・態度を実践的に学びます。 「女性看護学」は、女性看護学と助産学とで構成されています。 「女性看護学」では、女性の生涯における健康支援を学びます。人間をホリスティック(全人的)に理解する視点のもとで、女性およびその家族への看護を実践できる能力を養います。助産学では、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖の健康と権利)とプライマルヘルス(健康の原点は胎児期から乳幼児期につくられる)の視点から助産を学び、地域に根ざした助産実践ができる助産師育成を目指します。助産専攻はハードですが、女性に寄り添い、正常分娩を自己の責任において介助する助産を軸に、乳房ケアやマザークラス、性教育など、卓越したわざと高い専門性に裏付けられた助産学の学びに深い喜びを得るでしょう。 「小児看護学」では、子どもの多様な健康問題、子どもを取り巻く社会の変化に伴う、高度な医療や地域医療を担う専門的な能力を習得できることを目指しています。子どもとその家族が健やかな生活ができるための支援について、地域とのネットワークを構築しながら、看護ができることを皆さんと開発していきたいと思います。

ヘルスプロモーション看護学系

WHO(世界保健機構)の提唱するヘルス・プロモーション(Health Promotion)の理念をベースとした学系です。ヘルス・プロモーションとは「人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし、改善することができるようにするプロセス」であり、「すべての人びとがあらゆる生活舞台ー労働・学習・余暇ーで健康を享受することのできる公正な社会の創造」を健康作り戦略の目標にしています。このヘルスプロモーション看護学系は、地域看護学、在宅看護学、学校保健、ヘルスプロモーション実践研究センターの領域から構成されています。 「地域看護学」では、地域で暮らす人々の健康課題(高齢者のねたきり・生活習慣病・高齢者や子どもたちへの虐待等)を解決できる実践能力を身につけるような教育を行います。そして、地域全体のケアシステムを構築できる保健師の養成を目指しています。 「在宅看護学」では、在宅療養者とその家族の生活の質の向上を目的に、住みなれた在宅で実践できる看護技術を教育します。また、個々人の看護の質を高め、在宅の個々のケアはもちろん、療養者を支える保健・福祉・医療等の関係者が連携した有効なサービス提供方法についても学びます。 「学校保健」では、激変する社会に生きる子ども達に焦点を当て、子どもの成長を支援する力量形成を目指します。そのために必要な幅広い知識と深い洞察力を備えた人間的にも魅力のある養護教諭の養成を行っています。 「ヘルスプロモーション実践研究センター」においては、エビデンスに基づいたヒーリングの教育を行うと同時に、地域貢献として、地域住民の方々へも実践力をつける活動を続けています。 ヘルスプロモーション看護学系のいずれの領域においても、施設内でなく人々の生活の場で人々が暮らし続けることができる看護のあり方を探求しています。 地域で暮らす全てのライフステージ(乳幼児・学童・青年・壮年・老年)にある人々と対話し、対象の主体性を大切にした看護を開発していきたいと思います。

トップ
このページのトップへ