• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>看護学部

新着情報

看護学部

お知らせヘルスプロモーション実践研究センター「病からのリカバリー 食によるヒーリングパワー」再開しています。

ほぼ3年間、お休みをいただいていた、ヘルスプロモーション実践研究センターの「病からのリカバリー 食によるヒーリングパワー」。

在宅で療養生活を送られている方、健康に関心のある皆さんに療養食・健康食の講習を受けていただき、ご自身・ご家族の健康の維持・回復に役立てていただく趣旨の教室でした。

2016年(平成28年)度より、ふたたびヘルスプロモーション実践研究センターに専任教員が着任したのを機に、再開へ向けて準備し、2017年2月より、福岡県立大学ヘルスプロモーション実践研究センター室を会場に再開しています(初回参加者は14名)。

2017年(平成29年度)は、薬膳、薬草になる植物を食卓に取り入れることをテーマに、2018年1月18日、2018年2月15日の2回開催し(2018年2月末現在)、1回目4名、2回目5名の参加者が、専任教員とともに持ち寄った野草(薬草)料理に挑戦しました。

1月18日の第1回はファイトケミカル(植物に含まれる、いわゆる抗酸化物質などの病に打ち勝つ有効成分)を有効に摂るための「命の野菜スープ」(高橋 弘 著『ハーバード大学式 命の野菜スープ』宝島社 等参照)を中心に、身体をサビ(活性酸素、フリーラジカル)から守るレシピを作り、無理なくおいしく植物のチカラを摂取できることを確認しました。

 

食1.jpg 

 

第1回(1/18)メニュー

1 命の野菜スープ

2 生&ベイクト・ベジタブルの「野菜のチーズソース*」添えディップ

3 けしょうご豆とスベリヒユ入り玄米ご飯

写真1 有効成分の多い、種、ヘタ、皮、茎、根・根毛など、ともすると捨てていた部位で野菜ストックをとります。

* 野菜とナッツとパン酵母だけで作るチーズ風味のソース。「Tasty Vegetarian」のFacebook 参照 https://www.facebook.com/tastyvegetarian/

 

食2.jpg

 

写真2 ストックが取れたら、具材となる従来の「可食部分」をいれてコトコトと煮て出来上がり。

*野菜以外は水だけで塩も入れず、まず野菜の恵みをいただきますが、あとは好みで調味料を入れてよい。

 

第2回(2/15)メニュー

野草(野蒜、野ネギ、スイバ、フキノトウ、ハコベ、スベリヒユ、カラシ菜)

1 野草の水餃子

2 野草の一銭焼き(おやき)

3 '簡単・手抜き'野草入り蒸しパン スイバのジャム添え

4 フキノトウとスイバの天ぷら

5 野草と野菜の炒め物

6 スベリヒユと大豆入り玄米ご飯

7 ポットマリーゴールドのハーブティー

 

食3.jpg食4.jpg 

今後は、おいしく安全に植物のチカラをいただくメニューの実践研究のほか、ヘルシーおやつづくりにも挑戦していきたいと思います。

ヘルスプロモーション実践研究センター 「食によるヒーリングパワー」グループ一同

トップ
このページのトップへ