• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>看護学部

新着情報

看護学部

お知らせヘルスプロモーション実践研究センター「癒しの空間」再開しています。

「癒しの空間」とは

3年間のお休みを頂いておりました「癒しの空間」はヘルプロセンターの健康教室(技術講習会)で、または本学看護学部授業でアロマ・マッサージコースを学んで修了した市民・学生らによるボランティアチームが、在宅で療養されている患者さんらに施術をさせていただく実践活動でした。

2016年(平成28年度)より、ヘルスプロモーション実践研究センターに新たに専任教員が着任したのを機に、お一人のご希望者に対し専任教員とボランティアの方1名とで訪問する形で再開しました(実施期間:平成28年9月~平成29年2月)。

2017年(平成29年度)には、授業でマッサージを学んだ看護学部の2年生と専任教員とで3回開催(7月7日、11月28日、11月30日)、延べ11人の方たちに施術させていただきました。

2017年11月30日には、香春町社会福祉協議会主催の子ども食堂「キッチン小春ちゃん」の会場におじゃまし、参加されている親子や社協スタッフなど子供から大人まで計9名の方々に手のアロマ・マッサージケアを施術したほか、ご希望者にはツボ押しケアもさせていただきました。

 

癒しの空間1.jpg癒しの空間2.jpg

 

参加者の皆さんからは、はじめて受けたがリラックスできた、また来てほしい等、ご好評をいただきました。

今後は技術を習得したボランティア仲間を増やして、地域交流の「合言葉」になるよう活動を広めていこうと思います。

          

ヘルスプロモーション実践研究センター「癒しの空間」スタッフ一同

トップ
このページのトップへ