• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>看護学部

新着情報

看護学部

お知らせ平成29年度、源流塾を開催しました

福岡県立大学附属研究所、ヘルスプロモーション実践研究センター主催になる、本学教職員と地域の医療福祉の多職種のスキルアップとリフレッシュを目的にした研修会、「源流塾」が今年度も開催されました。

今年度のテーマは「初めての医療倫理学 立ち止まる倫理のススメ」と題しまして、琉球大学附属病院地域医療部の金城隆展先生(琉球大学医学部附属病院、臨床倫理士)を講師にお招きし、ユーモアあふれるわかりやすいお話で、臨床倫理の「いろは」を説いていただきました。

医療ドラマや教材映像のシーンなどを見ながら、倫理は専門職による選択の積み重ねであり、独善-独断に陥らないためには「1人で決めない、1度で決めない」ことが大事であることを学びました。関係者ならばだれもが思い当たるような状況・場面設定について皆で立ち止まって考える、大事なことに立ち戻って考え続け、そして選択をする。あたかも医療現場に立ち返ったかのようなとても臨場感あふれる研修となりました。

 

 001.jpg

 

 002.jpg

 

最後に先生が締めくくられたお言葉、「マクゥトゥーソーケー  ナンクルナイサ(人として正しいことをしていれば、なんとかなるさ)」には参加者一同納得の様子でした。

会場には本学教員や医療関係者15名(運営スタッフ除く)にご参加いただきました。

アンケート(有効回答12)では、「大変満足」9名、「おおむね満足」3名、

これからの実践に「とても役立つと思う」8名、「役立つと思う」4名と高評価をいただきました。

 003.jpg

 

 004.jpg

 

また、とても学びの多いテーマなのでもっと多くの方が参加しやすい日時に開催してほしいというご意見もいただきました。

 

皆様のご意見に基づき、臨床倫理については来年度以降もまた発展的な学びの機会を提供してゆきたいと思います。

ヘルスプロモーション実践研究センター運営部会一同

トップ
このページのトップへ