• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>人間社会学部>公共社会学科

公共社会学科

特徴と目標

公共社会学科の教育の特徴

 公共社会学科では、現代社会の諸問題や公共性に関する基礎理論をベースにした、課題解決型研究を多く取り入れています。課題解決型研究では具体的なテーマについて現状を分析して課題を把握し、さらに、その課題を解決するためには何が必要かを検討します。

 "子どもにとっての公園の意義"をテーマに考えてみましょう。課題解決型研究では、このテーマを理論的に考察するだけでなく、子どもたちの遊び場として公園が実際にどの程度利用されているのか、利用されていないとしたらなぜかを調べ、子どもたちが利用しやすい公園にするにはなにが必要かを考察します。したがって、現場に出かけて子どもたちの様子をみたり、話を聞いたり、公園の設備と利用者数の関係などを調べたりしながら研究を進めることが多くなります。このような課題解決型研究を通して、問題を理論的に捉える能力と、対象を実証的・科学的に捉える社会調査の技法を身につけます。

 課題解決型研究が効果的に進められるよう、少人数教育を行います。5~10人くらいの学生と教員でディスカッションをしながら進める授業をゼミ(演習)と呼んでいます。ゼミでは、それぞれのテーマにそった情報の収集・分析、レポートや論文の作成、プレゼンテーションの方法を学びます。社会調査の企画から実施、分析、報告書執筆まで学生が主体となって進める社会調査実習も少人数で行います。

 公共社会学科で重視している公共性、地域社会、国際共生の視点に対応して、2つの履修領域をおいています。履修領域は、各自の学びのコアを創り専門性を深めていく際の手引きとなるものです。さらに、将来のキャリアを意識しながら、専門教育を通したキャリア形成がより円滑にできるように、5つのキャリア支援プログラムを準備し、みなさんの学びをバックアップします。

 公共社会学科地域社会コースでは2つの履修領域とともに5つのキャリア支援プログラムを準備しています。キャリア支援プログラムにより、将来のキャリアを見通した実践的な教育を強化します。

 [→2つの履修領域について]
 [→5つのキャリア支援プログラムについて]

公共社会学科の教育目標

 多様性を持った人々が、その多様性を保ちつつ、ともに安心して生活できる社会が高度福祉社会です。ゆたかな高度福祉社会の形成は、日本の各地域においても国際社会においても、重要な課題となっています。本学公共社会学科は、公共社会学の考え方を地域社会と国際共生の現場にできる限り近づけ、より現実に密着して具体的な課題解決力を高めることを目標としています。

 公共社会学科で重視しているのは以下の4点です。

  • ①公共性、地域社会、国際共生の視点を備える。
  • ②コミュニケーション能力、リサーチ能力、ITスキルを習得する。
  • ③社会のニーズを的確に把握する分析力をつける。
  • ④問題解決への企画・提案力や調整力の基礎を培う。

 これらの能力を基礎に、高度福祉社会を構築する実践的なプランナーとしてリーダーシップをとれる人材の育成を目指します。卒業後は次のような分野などで活躍が期待されます。

  • 地域資源(人、もの、文化、自然)をコーディネートし、地域づくりや地域活性化にかかわる。
  • 国際関係を踏まえた共生のあり方を学び、国際協力に積極的に貢献する。
  • 社会的企業(ビジネスモデルを活用した社会事業団体)で活躍する。
  • 国内外に展開している民間企業で活躍する。

[→下図のPDFファイルを閲覧する] (394KB)pdf.gif

2016-0115-1500.jpg

トップ
このページのトップへ