人間社会学部

HOME > 学部・学科 > 人間社会学部 > 公共社会学科

公共社会学科

公共社会学科サイトはこちら

着実な社会分析力で、地域の持続性と国際共生をめざす

 近年、高度情報化、グローバル化などの社会変動が急激に進み、社会問題は複雑化しています。このなかで、多様な人々が協働する持続可能な地域社会と国際共生を実現するために、公共社会学科地域社会コースは、公共性の考え方をベースに、時代が要請する課題解決に対応できる人材の養成を目指しています。

 具体的には、社会学を主とする公共性に関する考え方と、社会調査の技法を学びます。社会学とは、人びとが形づくる生活や集団、社会について調べ、いろいろな社会現象や社会問題が起こるメカニズムを解明し、よりよい社会のあり方を探求する学問です。社会調査とは、アンケートやインタビュー等により、現代社会を実証的・科学的に調べる方法です。また、本コースでは、政治学・経済学・地理学など公共性との関連が深い科目もあわせて学びます。

カリキュラムの特徴

 公共社会学科地域社会コースでは、公共性を基礎としながら、「地域社会」と「国際共生」に焦点をあてた学習・研究を行います。現代人があまり意識せずに依拠している地域での社会関係、集団・組織、産業構造、そして社会意識や生活上の問題、地域社会相互の関係等を学び、自立した持続可能な地域社会の運営のあり方を考察します。そして、地域社会にしっかりとした足場を置き、国際的視野で物事を考え、行動していくグローカル(ローカルでありながらグローバル)な視点を涵養します。

 教育方法では体験型学習を重視し、地域社会と国際社会の現状に触れる機会として、社会調査実習、「公共性学習バスツアー」を実施します。現代社会の諸課題に、座学をふまえ社会調査・フィールドワークによりアプローチすることを通して、調査・分析能力、マネジメント能力、情報リテラシー能力を身につけます。

 地域社会コースの専門教育科目は「公共社会学基礎論」「社会調査・情報処理」「地域社会ネットワーク」「アジア国際共生」の領域で構成されています。

  【→地域社会ネットワーク領域】  【→アジア国際共生領域】

  【→公共社会学科コースツリー】

 このほかに教職課程を選択すると中学校(社会)と高等学校(公民)の「教員免許」が取得できます。

5つのキャリア支援プログラムと就職支援

5つのキャリア支援プログラムと就職支援

 公共社会学科地域社会コースでは、専門教育と連動した5つのキャリア支援プログラムを設けています。本学科で学んだ公共性や地域社会・国際共生に関する専門的な知識、リサーチや分析能力を、各自のキャリア形成を展望しながら応用し、活用するためのプログラムです。学生はそれぞれの進路希望に応じて自由にプログラムを選択できます。

 [→5つのキャリア支援プログラムについて]

 なお、学生支援班、キャリアサポートセンターと連携し、組織的に就職情報の収集を行い、企業インターンシップの促進など学生のキャリア支援を強化しています。また、外部機関と連携して就職活動時のサポートも行っています。

「取得可能な資格」

 公共社会学科では、次の免許・資格を取得することができます。

  高等学校教諭一種免許状(公民)
  中学校教諭一種免許状(社会)
  社会調査士
  上級情報処理士
  社会福祉主事任用資格
  

PAGETOP