人間社会学部

HOME > 学部・学科 > 人間社会学部 > 社会福祉学科

社会福祉学科

あらゆる人の幸せ、良き社会のあり方を考察する。

社会福祉学とは、さまざまな生活上の困難をかかえる人々を支援し、その問題解決のために必要な制度・政策、そして具体的援助方法を学ぶ学問です。
今日の急激な社会変化のなかで人々が直面する生活問題は複雑多様化しています。こうした状況に対応するため社会福祉が対象とする領域はますます幅広くなると同時に社会福祉学への社会的な期待も一層高まっているのが現状です。

社会福祉学科

従って社会福祉を学ぶためには、
(1)人間と社会への深い関心と理解を持つ。
(2)人びとの生活の実態に触れ、その生活上のニーズを正確に把握する。
(3)社会福祉の制度・政策やその仕組みについて理解する。
(4)社会福祉施設・機関の援助活動や個別の問題解決を目指す社会福祉実践の内容や方法を具体的に理解する。
などが必要です。

さらに、社会福祉の援助サービスは人と人との関係を通して展開されるため、援助者には何よりも豊かな人間的資質と生活問題 に対する客観的・科学的理解が求められます。
本学科では、このような要件に十分に応えるために、部門別に次のような専門科目を設置しています。

【社会福祉学科社会福祉コースの 専門科目群】(Ⅰ・Ⅱ等は省略)


①基幹科目群         (社会福祉学概論、社会保障論、相談援助の基盤と専門職、卒業論文など)
②社会福祉専門科目群   (老人福祉論、障害者福祉論、児童福祉論、相談援助演習、相談援助実習指導など)
③精神保健福祉専門科目群  (精神保健福祉論、精神保健福祉援助演習、精神保健福祉援助実習指導など)
④学校ソーシャルワーク専門科目群    (学校ソーシャルワーク論、学校ソーシャルワーク実習指導など)
⑤関連科目群            (地方自治論、暮らしの経済学、福祉社会学、社会心理学など)

社会福祉学科の履修イメージは、下記の社会福祉学科コースツリーをご参照ください。

社会福祉学科コースツリー PDFファイル

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験について

福岡県立大学社会福祉学科の社会福祉士及び精神保健福祉士国家試験合格状況については、こちら PDFファイルをご覧ください。

スクール(学校)ソーシャルワーカーの養成について

福岡県立大学社会福祉学科において養成している「スクール(学校)ソーシャルワーカー」については、こちら PDFファイルをご覧ください。

PAGETOP